ワンオクTaka、ライブ座席に関するファンの声に謝罪と改善の誓い

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

ONE OK ROCKのTaka、ライブに関するファンの苦言に謝罪

ロックバンド・ONE OK ROCKのTakaが、ライブ配信を通じてファンからの苦言に謝罪しました。埼玉・ベルーナドーム公演に参加したファンから、ステージサイド席の見づらさや音響の問題について不満の声が寄せられていました。

スポンサーリンク

ライブでの問題点とTakaの説明

Takaは「大阪にやってきました」と切り出し、埼玉公演での問題について説明しました。「見えなかった席の人たちに申し訳ない」と謝罪し、メンバーがセットリストやステージ作りに集中していたため、チケットや客席のレイアウトまで確認が及ばなかったことを明かしました。

スポンサーリンク

ファンの期待に応えられなかったことへの反省

Takaは「プライマルを見て応募してくれた人たちからすると『なんだよ』って思うこともあるだろう」と述べ、ファンの期待に応えられなかったことへの反省を示しました。「大阪は改善してあるが、久々のライブで舞い上がっていたかもしれない」と振り返りました。

スポンサーリンク

今後の改善策とファンへの感謝

「これからこういうことがないように、しっかりやっていきたい」と述べ、ファンからの声が「勉強になるし、ありがたい」と感謝の気持ちを伝えました。また、「ライブってあの空間にいた人しかわからない部分がある」としつつ、外野からのうわさ話や過剰な報道に対しては「心外です」と苦言を呈しました。

スポンサーリンク

二度と同じ問題を繰り返さないために

Takaは「会社やイベンターも含めて、二度とこのようなことがないようにしていきたい」と誓い、反省の気持ちを込めて大阪公演を楽しむことを呼びかけました。「イヤな思いをさせてしまった人たち、本当にごめんなさい」と再度謝罪し、今後のツアーの発表も示唆しました。

スポンサーリンク

まとめ

ONE OK ROCKのTakaは、ファンからの声に真摯に向き合い、ライブの改善に努めることを誓いました。今後の公演では、ファンが満足できるようなステージを提供するために、さらなる努力を続けるとのことです。ファンとの信頼関係を大切にし、より良いライブ体験を目指すONE OK ROCKの姿勢に期待が高まります。

タイトルとURLをコピーしました