『鬼滅の刃 柱稽古編 最終回』視聴率6.4%達成!煉獄さんの登場が話題に

スポンサーリンク
アニメ・ゲーム
スポンサーリンク

最終回の概要と視聴率

大人気アニメ『鬼滅の刃』の新シリーズ「柱稽古編」が、2024年6月30日に最終回を迎えました。フジテレビ系で放送された60分スペシャルは、平均視聴率6.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録し、多くの視聴者を魅了しました。

最終回となる第8話「柱・結集」では、鬼殺隊のお館様こと産屋敷耀哉と、鬼の始祖・鬼舞辻無惨の対面シーンが描かれ、物語は大きな転換点を迎えました。産屋敷耀哉の決死の行動や、柱たちの集結、そして予想外の展開に、視聴者からは驚きと感動の声が上がっています。

スポンサーリンク

煉獄杏寿郎の登場と反響

特に注目を集めたのは、本編終了後の「大正コソコソ噂話」コーナーでの煉獄杏寿郎の登場です。炭治郎と甘露寺蜜璃に向けて「いよいよ鬼舞辻との戦いだ。頼んだぞ!」とエールを送る煉獄さんの姿に、多くのファンが感動の涙を流しました。SNS上では「煉獄さん」がトレンド入りし、「最後の煉獄さんの声で泣きそうになった」「久しぶりの煉獄さんに感動」といったコメントが多数寄せられました。

スポンサーリンク

作画の評価と次章への期待

最終回の放送では、作画の素晴らしさも大きな話題となりました。特に産屋敷邸の爆発シーンや、無惨との戦闘シーンなど、随所に見られる緻密な描写と迫力ある演出に、視聴者からは「神作画」との称賛の声が上がっています。

また、最終回の放送後には、『鬼滅の刃』シリーズの次章となる「無限城編」が劇場版三部作として制作されることが発表されました。この発表に対し、ファンからは早くも期待の声が上がっており、「早く見たい」「楽しみ過ぎる」「最後まで見届けたい」といったコメントが寄せられています。

スポンサーリンク

キャラクターの描写と物語の展開

「柱稽古編」全8話を通して、各柱たちの過去や思いが丁寧に描かれ、鬼殺隊という組織の結束力が強調されました。特に最終回では、産屋敷耀哉の自己犠牲や、珠世の復讐心、そして柱たちの決意など、キャラクターたちの強い意志が印象的に描かれています。

視聴者からは「産屋敷ボンバー」というワードがトレンド入りするなど、産屋敷耀哉の決死の行動に注目が集まりました。また、岩柱・悲鳴嶼行冥の圧倒的な強さや、珠世の血鬼術を使った足止めなど、キャラクターたちの活躍に熱い視線が注がれています。

スポンサーリンク

シリーズの位置づけと原作との関係

「柱稽古編」は、鬼舞辻無惨との最終決戦に向けた準備期間として位置づけられており、各キャラクターの成長や決意が丁寧に描かれました。最終回では、これまでの伏線が回収されるとともに、次なる展開への期待感が高まる内容となっています。

今回の最終回では、原作16巻の内容が基となっており、第137話「不滅」、第138話「急転」、第139話「落ちる」が主に描かれました。原作ファンにとっては、アニメならではの演出や追加シーンを楽しむことができ、原作未読の視聴者にとっては、予想外の展開に驚かされる内容となりました。

スポンサーリンク

『鬼滅の刃』シリーズの人気と影響力

『鬼滅の刃』シリーズは、2019年の第1期放送以来、社会現象とも呼べるほどの人気を博しています。原作コミックスの累計発行部数は1億5000万部を突破し、2020年に公開された劇場版『無限列車編』は日本映画史上最高の興行収入を記録しました。

「柱稽古編」の放送を通じて、『鬼滅の刃』の人気は依然として健在であることが示されました。視聴率の推移を見ても、第1話の6.9%から最終回の6.4%まで、安定した数字を維持しています。

スポンサーリンク

SNSでの反響と今後の展開

最終回の放送後、SNS上では『鬼滅の刃』関連のワードが多数トレンド入りし、ファンの熱い反応が見られました。「鬼滅の刃」がトレンド1位、「煉獄さん」が2位、「劇場版三部作」が3位となるなど、作品への注目度の高さが伺えます。

「柱稽古編」の終了と同時に発表された「無限城編」の劇場版三部作に、ファンの期待は一気に高まっています。鬼舞辻無惨との最終決戦を描く「無限城編」は、『鬼滅の刃』シリーズの集大成とも言える物語となることが予想されます。

スポンサーリンク

結論

『鬼滅の刃 柱稽古編』の最終回は、シリーズの魅力を存分に発揮した内容となり、視聴者を満足させるとともに、次なる展開への期待を高めることに成功しました。6.4%という視聴率も、深夜の時間帯としては非常に高い数字であり、作品の人気を裏付ける結果となっています。

今後の『鬼滅の刃』シリーズの展開に、ファンの注目が集まることは間違いありません。劇場版三部作「無限城編」の公開に向けて、さらなる盛り上がりが期待されます。

タイトルとURLをコピーしました