新作TVアニメ『攻殻機動隊』制作決定!2026年放送へ

スポンサーリンク
アニメ・ゲーム
スポンサーリンク

『攻殻機動隊』新作アニメ制作決定

漫画『攻殻機動隊』の新作テレビアニメシリーズが制作されることが発表されました。放送は2026年に予定されており、アニメーション制作はサイエンスSARUが担当します。

スポンサーリンク

特報映像&ティザービジュアル公開

5月25日に都内で開催された公式音楽イベント『DEEP DIVE in sync with GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』内で、新作アニメの特報映像とティザービジュアルが公開されました。特報映像は原作コミックの象徴的な場面を点描し、新作アニメで描かれるドラマを予感させる内容となっています。

スポンサーリンク

サイエンスSARUが制作を担当

新作アニメの制作は、『犬王』や『映像研には手を出すな!』などで知られるサイエンスSARUが担当します。国内外で高い評価を得る同スタジオがどのような映像作品を生み出すのか、期待が高まります。

スポンサーリンク

士郎正宗の原画展も開催決定

新作アニメ制作を記念して、原作者・士郎正宗による史上最大規模の原画展「士郎正宗の世界(仮)」も開催されます。このイベントは、世田谷文学館の開館30周年を記念して2025年春に開催される予定です。

スポンサーリンク

作品概要と放送予定

『攻殻機動隊』は、1989年に士郎正宗が「ヤングマガジン増刊 海賊版」で連載を開始したSF作品です。全身義体の草薙素子を主人公に、高度複雑化する凶悪犯罪に立ち向かう「攻殻機動隊」の姿を描いています。

新作アニメ『攻殻機動隊(仮)』は、2026年に放送予定。続報は「攻殻機動隊」公式グローバルサイトや公式SNSで順次公開される予定です。最新情報をお見逃しなく!

スポンサーリンク

まとめ

『攻殻機動隊』新作テレビアニメの制作決定は、ファンにとって大きなニュースです。サイエンスSARUが手掛ける新作アニメに期待が高まります。続報を楽しみにしながら、2026年の放送を待ちましょう。士郎正宗の原画展も見逃せないイベントですので、ぜひチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました