米津玄師の魅力を徹底解剖!プロフィールとその美声、人気曲ランキング

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ

日本の音楽シーンを席巻し続ける米津玄師。その独特な世界観と圧倒的な才能で、幅広い年齢層から支持を集めています。今回は、米津玄師の魅力に迫るべく、そのプロフィール、特徴的な声、そして人気曲をご紹介します。

スポンサーリンク

米津玄師のプロフィール

米津玄師は1991年3月10日生まれの徳島県出身のシンガーソングライターです。身長188cmと長身で、血液型はO型です。本名も米津玄師であり、芸名ではありません。

2009年から「ハチ」という名義でニコニコ動画に楽曲を投稿し始め、ボーカロイド楽曲の制作者として注目を集めました。2012年に本名である米津玄師名義でメジャーデビューを果たし、以降シンガーソングライターとして活動しています。

米津玄師は音楽だけでなく、イラストや映像制作など多岐にわたる才能を持つマルチクリエイターとしても知られています。自身の楽曲のジャケットアートやミュージックビデオの制作も手がけており、その独特な世界観で多くのファンを魅了しています。

スポンサーリンク

米津玄師の特徴的な声

米津玄師の声は、その独特な質感と表現力で多くのリスナーを惹きつけています。その特徴をいくつか挙げてみましょう。

  1. しゃくりの多用:
    米津玄師は音程が上がる際に「しゃくり」を多用しています。これにより、ねっとりとした印象や曲の持つアンニュイな雰囲気を表現しています。

  2. 高音域での閉鼻声:
    特に高音域で、フガフガとした閉塞感のある声になるのが特徴です。鼻が詰まったような独特な声質が、米津玄師の歌声の個性となっています。

  3. 細かなフェイク:
    歌の所々に細かいフェイクを入れることで、より印象的なメロディを生み出しています。これにより、聴き手の耳に残りやすい歌唱となっています。

  4. ミックスボイスの活用:
    高音域でミックスボイスを多用することで、太い音で力強い発声を実現しています。これにより、言葉の輪郭をくっきりさせ、聴き手に伝わりやすい歌唱となっています。

  5. 声の変化:
    米津玄師の声は、活動期間を通じて変化しています。初期の頃と比べ、近年の楽曲ではより艶を帯びた声質になっているという指摘もあります。

これらの特徴が組み合わさることで、米津玄師独特の歌声が生まれています。その声は「イケボ」「大人っぽい」「セクシーボイス」「色っぽい」「綺麗」などと形容されることが多く、多くのリスナーを魅了しています。

スポンサーリンク

米津玄師の人気曲ランキング

米津玄師の楽曲は数多くありますが、ここでは特に人気の高い曲をランキング形式でご紹介します。

Lemon


2018年にリリースされた「Lemon」は、米津玄師の代表曲と言っても過言ではありません。TBSドラマ「アンナチュラル」の主題歌として書き下ろされたこの曲は、発売年内にフィジカル、配信にて累計200万セールス超を記録し、Billboard JAPAN Hot 100の年間チャートで単独1位を獲得しました。

馬と鹿


2019年にリリースされた「馬と鹿」は、TBSドラマ「ノーサイド・ゲーム」の主題歌として大きな話題を呼びました。フィジカル・デジタル合算で120万セールスを記録し、その後開催されたラグビーワールドカップでも楽曲が使用されるなど、大きな反響を呼びました。

KICK BACK


2022年11月にリリースされた「KICK BACK」は、テレビアニメ「チェンソーマン」のオープニングテーマとして注目を集めました。グローバルストリーミング累計再生回数が1億回を突破するなど、国内外で大きな人気を博しています。

感電


2020年にリリースされた「感電」は、TBSドラマ「MIU404」の主題歌として書き下ろされました。リズミカルなメロディと印象的な歌詞で、多くのリスナーの心を掴みました。

パプリカ

2018年に発表された「パプリカ」は、2020年とその先に向けて頑張っているすべての人たちを応援するプロジェクトの楽曲として制作されました。小学生ユニットFoorinが歌うバージョンと米津玄師自身が歌うバージョンがあり、両方とも大きな人気を博しています。
これらの楽曲は、米津玄師の多彩な音楽性と表現力を示すものとなっています。ドラマや映画とのタイアップも多く、幅広い層から支持を得ています。

スポンサーリンク

まとめ

米津玄師は、その独特な声と表現力、多彩な才能で日本の音楽シーンに大きな影響を与え続けています。ボーカロイド楽曲の制作者としてスタートし、シンガーソングライターとして成功を収めた彼の軌跡は、現代の音楽業界における新たな可能性を示すものと言えるでしょう。

その特徴的な声は、多くのリスナーを魅了し、独自の世界観を持つ楽曲は幅広い層から支持を得ています。今後も米津玄師がどのような作品を生み出し、音楽シーンにどのような影響を与えていくのか、注目が集まります。

タイトルとURLをコピーしました