pecoの涙のスピーチに感動!ベストマザー賞で語った息子とryuchellへの感謝

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

peco、ベストマザー賞受賞スピーチで涙の感謝

pecoさんは『第16回ベストマザー賞 2024』授賞式で、涙を流しながら約2分30秒のスピーチを行いました。彼女は「私をママにしてくれた息子とryuchellに感謝しながら生きていきたい」と締めくくり、その感動的なスピーチが多くの人々の心を打ちました。

スポンサーリンク

ryuchellとの出会いがなければ息子も生まれなかった

pecoさんはスピーチで、ryuchellとの出会いがなければ息子が生まれることもなかったと述べました。ryuchellは幼いころから自分のセクシャリティに疑問を持ち、男性を好きになってきましたが、pecoさんと出会い、結婚し、子どもに恵まれました。ryuchellがいなければ、pecoさんはママになることはなかったのです。

スポンサーリンク

息子と一緒に過ごす日々の喜び

授賞式の前日には、息子と一緒にドレスのリースに行きました。息子はトロフィーに大喜びし、「ベストなママのお祝い」と説明すると、トロフィーを見せながら「ママ、毎日怒ってるのにね」と笑いを誘いました。pecoさんは息子と一緒に過ごす日々の喜びを改めて感じました。

スポンサーリンク

「完璧なママ」でなくても大丈夫

pecoさんは「完璧な毎日じゃなくても、一生懸命我が子と向き合っているママは全員がベストマザーだ」と語りました。InstagramなどのSNSにはキラキラしたママがたくさんいますが、pecoさんは自分が怒ることもあると認め、他のママたちも同じだと感じています。大切なのは、怒った分だけしっかり愛を伝えることだと強調しました。

スポンサーリンク

感謝の気持ちを忘れないpecoさん

最後に、pecoさんは「ママにしてくれた息子とryuchellに感謝します」と述べました。彼女のスピーチは、多くの人々に感動を与え、家族への感謝の気持ちを再確認させてくれるものでした。

スポンサーリンク

まとめ

pecoさんのスピーチは、家族への深い愛情と感謝の気持ちを表現し、多くの人々の共感を呼びました。彼女の言葉からは、完璧なママでなくても、愛をもって子どもと向き合うことの大切さが伝わってきます。今後もpecoさんの子育てと仕事の両立に注目が集まることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました