ASH DA HEROの本名・年齢・経歴とブルーロック最新情報

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

『劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-』の挿入歌「Beast Mode / オクターヴ」発売決定!

2024年公開予定の『劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-』では、ASH DA HEROが挿入歌「Beast Mode / オクターヴ」を担当します。これらの楽曲は、ブルーロックの世界観と絶妙にマッチし、視聴者を魅了すること間違いなしです。ASH DA HEROのファンならずとも、映画を観る前にチェックしておきたいですね。

スポンサーリンク

ASH DA HEROとは?本名と年齢

ASH DA HEROは2015年にメジャーデビューを果たした男性ロックシンガーで、本名は野田敦史です。愛知県弥富市出身で、9月21日生まれ。身長は163cmです。普段はASHという名前で親しまれています。

スポンサーリンク

ASH DA HEROの経歴と実績

高校生の頃から名古屋のパンク/ハードコアシーンでその才能を開花させ、2013年まで在籍していたバンドではアメリカの大型ロックフェスティバルにも出演しました。ボーカリストとしての実力を発揮し、大きな話題となっています。TVアニメ『ブルーロック』のオープニング主題歌「Judgement」でもその魅力を存分に発揮し、世界中で人気を博しました。

スポンサーリンク

ASH DA HEROのおすすめの人気曲紹介

「反抗声明」 – 2015年12月にリリースされたメジャーデビューミニアルバム【THIS IS A HERO】に収録。セクシーで迫力のあるボーカルが魅力です。

「Everything」 – 2016年6月リリースのフルアルバム【THIS IS LIFE】に収録。ピアノのイントロとASHの歌声が美しい楽曲です。

▲「Judgement」 – TVアニメ『ブルーロック』の2クール目オープニング主題歌。サブスクでも人気の曲です。

▲「Beast Mode」 – 『劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-』の挿入歌。映画の世界観とマッチしています。

▲「オクターヴ」 – 同じく『劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-』の挿入歌。映画の魅力を引き立てる一曲です。

スポンサーリンク

ASH DA HEROがブルーロックに選ばれた理由

ASH DA HEROが『劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-』の挿入歌を担当する理由は、その圧倒的なボーカル力と楽曲のクオリティにあります。彼の歌声は、ブルーロックのエネルギッシュで熱いサッカーシーンをより一層引き立てます。

スポンサーリンク

まとめ

ASH DA HEROは、名古屋の音楽シーンからアメリカのロックフェスティバル、そしてブルーロックの挿入歌まで、多岐にわたる活躍を見せる実力派ロックシンガーです。彼の楽曲はどれもエネルギッシュで、聴く者を魅了します。『劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-』では、新たな名曲「Beast Mode / オクターヴ」が生まれますので、ファンはぜひチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました