眞鍋ジャパンのエースは誰だ?注目選手を徹底解剖

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

はじめに

2024年のパリオリンピックを目指す女子バレーボール日本代表、通称「眞鍋ジャパン」。眞鍋政義監督のもと、チームは一丸となって世界の頂点を目指しています。今回は、眞鍋ジャパンの中でも特に注目されるエース選手たちを徹底解剖します。

スポンサーリンク

古賀紗理那(こが さりな)

まず紹介するのは、チームのキャプテンであり、エースとしても活躍する古賀紗理那選手です。古賀選手は、NECレッドロケッツに所属し、2022年から日本代表のキャプテンを務めています。彼女の強みは、攻守にわたるバランスの取れたプレーです。特に、スパイクの精度とブロック力が高く評価されています。

古賀選手は、2023年のバレーボールネーションズリーグ(VNL)でベストスコアラー第9位、ベストサーバー第4位にランクインするなど、個人としても高いパフォーマンスを発揮しています。また、彼女のリーダーシップはチーム全体の士気を高める重要な要素となっています。

スポンサーリンク

石川真佑(いしかわ まゆ)

次に紹介するのは、石川真佑選手です。石川選手は、イタリアのイル・ビゾンテ・フィレンツェに所属し、2023年にはイゴール・ゴルゴンゾーラ・ノヴァーラと契約しました。彼女の強みは、強力なジャンプサーブとアタック力です。特に、2022年のバレーボール女子世界選手権ではチームトップの最多得点を記録し、大活躍しました。

石川選手は、昨年のVNLでもサーブ力でチームの躍進に貢献し、パリ2024予選でもアタックで多くのポイントを獲得しました。彼女のフィジカル面の強化が、今後の試合でも大きな武器となるでしょう。

スポンサーリンク

林琴奈(はやし ことな)

林琴奈選手も注目の一人です。JTマーヴェラスに所属し、アウトサイドヒッターとして活躍しています。林選手の強みは、攻撃力と守備力のバランスが取れている点です。特に、昨年のVNLでは日本選手の中で古賀に次ぐベストスコアラー、アタッカー、ベストディガーとなり、攻守にわたって活躍しました。

スポンサーリンク

宮部藍梨(みやべ あいり)

宮部藍梨選手は、ヴィクトリーナ姫路に所属し、ミドルブロッカーとして活躍しています。彼女の強みは、ブロック力とアタック力です。昨年のVNL予選ラウンド最終戦では、16得点を挙げ、チーム最多のポイントを記録しました。また、決勝ラウンドではベストブロッカー第10位に入るなど、守備面でも高い評価を受けています。

スポンサーリンク

和田由紀子(わだ ゆきこ)

和田由紀子選手は、JTマーヴェラスに所属し、アウトサイドヒッターとして活躍しています。彼女の強みは、強烈なアタックとサーブです。昨年のVNL予選ラウンドの米国戦では、初のスタメンとして登場し、32得点を挙げる大活躍を見せました。

スポンサーリンク

渡邊彩(わたなべ あや)

渡邊彩選手は、日立Astemoリヴァーレに所属し、ミドルブロッカーとして活躍しています。彼女の強みは、フィジカルの強さと機動力です。昨年のパリ2024予選では、日本代表選手中トップのベストブロッカーとして大会全体の14位に入っています。

スポンサーリンク

井上愛里沙(いのうえ ありさ)

井上愛里沙選手は、ヴィクトリーナ姫路に所属し、アウトサイドヒッターとして活躍しています。彼女の強みは、バックアタックとスパイク力です。昨年のVNLでは、予選ラウンドのドイツ戦で20得点を挙げ、全試合に出場し1試合平均8.2得点を記録するなど、攻撃面で大きな貢献をしています。

スポンサーリンク

福留慧美(ふくどめ さとみ)

福留慧美選手は、デンソーエアリービーズに所属し、リベロとして活躍しています。彼女の強みは、守備力とレシーブ力です。昨年のパリ2024予選では、リベロとしてチームの守備を支えました。

スポンサーリンク

山田二千華(やまだ にちか)

山田二千華選手は、NECレッドロケッツに所属し、ミドルブロッカーとして活躍しています。彼女の強みは、ブロック力とアタック力です。昨年のVNLでは、ブロック賞、スパイク賞に輝いています。

スポンサーリンク

まとめ

眞鍋ジャパンのエース選手たちは、それぞれが独自の強みを持ち、チームの勝利に貢献しています。古賀紗理那選手のリーダーシップ、石川真佑選手の強力なサーブとアタック、林琴奈選手のバランスの取れたプレーなど、どの選手も目が離せません。パリ2024に向けて、これからの試合でも彼女たちの活躍に期待が高まります。

眞鍋ジャパンのエースたちが、どのようにチームを引っ張り、世界の舞台で輝くのか、今後の展開に注目していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました