SZA出演キャンセル!フジロック2024の注目理由とSZAの人気の秘密

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

SZAとは?音楽界の新星

SZA(シザ)ことソラーナ・ロウは、アメリカのセントルイス生まれニュージャージー育ちのシンガーソングライターです。彼女は厳格なムスリムの家庭で育ち、2011年頃から音楽制作を始め、瞬く間に才能を発揮しました。2017年の1stアルバム『Ctrl』で全米3位を記録し、2022年の2ndアルバム『SOS』は全米1位を獲得。彼女の音楽はR&Bをベースに、ロック、ポップ、ヒップホップ、ジャズ、ソウル、フォーク、カントリーなど多様なジャンルを融合させた独自のサウンドが特徴です。

スポンサーリンク

フジロック2024での出演キャンセルの理由

2024年7月26日に新潟・苗場で開催される「FUJI ROCK FESTIVAL’24」に出演予定だったSZAが、急きょ出演をキャンセルしました。フジロック事務局はX(旧ツイッター)で「アーティストの都合による」と発表し、ファンに対して謝罪しました。SZAの初来日を楽しみにしていた多くのファンにとっては残念なニュースですが、引き続きフェスティバルを楽しんでいただきたいとのことです。

スポンサーリンク

SZAの音楽スタイルと魅力

SZAの音楽の魅力は、ジャンルの壁を越える独自のサウンドです。一見R&Bのようでありながら、ロック、ポップ、ヒップホップ、ジャズ、ソウル、フォーク、カントリー、エレクトロニカなど、多様な音楽要素をスムーズに取り入れています。彼女の音楽はオープンでインクルーシブなフュージョン感覚が特徴で、そのバックグラウンドも影響していると考えられます。最新アルバム『SOS』も、多様な音楽性が光る作品となっています。

スポンサーリンク

グラミー賞での快挙

SZAは第66回グラミー賞で最多の9部門にノミネートされ、その中で3部門を受賞しました。彼女の音楽は業界内外で高く評価されており、多くのアーティストからも絶賛されています。彼女はリアーナやビヨンセ、ドレイク、ドージャ・キャット、ザ・ウィークエンド、ケンドリック・ラマーなど、多くのアーティストとコラボレーションを行ってきました。

スポンサーリンク

アーティスト仲間たちからの絶賛

SZAは多くの著名なアーティストからも支持されています。テイラー・スウィフトやビヨンセからのラブコールを受け、マルーン5やドレイク、ドージャ・キャット、ザ・ウィークエンド、ケンドリック・ラマーなどとコラボレーションしています。彼女の最新アルバムからのシングル「Snooze」では、ジャスティン・ビーバーと共演。また、10年来の友人であるリゾとは互いの曲で共作・共演しています。

スポンサーリンク

ファッションアイコンとしてのSZA

SZAは音楽だけでなく、ファッションやヘアスタイル、メイクでも注目されています。彼女のスタイルは常に変化し、ファンやメディアからも高い評価を受けています。2024年のグラミー賞授賞式でも、彼女の最新のファッションやヘアスタイルに注目が集まるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

SZAはその独自の音楽スタイルと魅力的なパーソナリティで、音楽界を席巻しています。今回のフジロック2024での出演キャンセルは残念ですが、彼女の音楽は今後も多くのファンを魅了し続けるでしょう。彼女のこれからの活躍にも期待が高まります。

タイトルとURLをコピーしました