SZAの魅力に迫る!プロフィールから人気曲まで徹底解説

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

SZAとは誰か?そのプロフィールとルーツ

SZA(シザ)ことソラーナ・ロウは、米国セントルイス生まれのニュージャージー育ち。彼女の父はスンニ派イスラム教徒、母はカトリック教徒という異なる宗教背景を持つ家庭で育ちました。厳格なムスリム家庭で育った彼女は、911の同時多発テロまではヒジャブを被って生活していました。

2011年頃から音楽制作を始めたSZAは、その才能を瞬く間に発揮し、レコード契約を結びました。リアーナやビヨンセに楽曲提供を始め、2017年に客演したマルーン5の「What’s Lovers Do」が全米トップ10入りを果たし、シンガーとしての輝かしいキャリアがスタート。同年発表された1stアルバム『Ctrl』は全米3位をマークし、アメリカだけで300万枚以上のセールスを記録。2022年の2ndアルバム『SOS』は見事全米1位を獲得し、10週にわたって首位を制覇しました。

スポンサーリンク

ジャンルの壁を越えるSZAの音楽

SZAの音楽の魅力は、一見R&Bのようでありながら、R&Bだけに留まらない、さまざまなジャンルや音楽要素を網羅している点です。ロック、ポップ、ヒップホップはもちろん、ジャズ、ソウル、フォークやカントリー、ゴスペル、エレクトロニカまで縦横無尽に手を広げます。それでいて、決して無理強いやギミック狙いとは感じさせないそのオープンでインクルーシブなフュージョン感覚は、現代的でありながらも彼女のバックグラウンドから来るものが大きいと言えるでしょう。

最新アルバム『SOS』は23曲入りの大作で、前半と後半を聴き比べると同じアーティストの作品とは思えないほど音楽性が多様に広がっています。それでいてSZAだとわかるのは、彼女の独特の語りかけるかのような歌があるからです。「彼女の歌ならずっと聴いていられる」と言われるのも納得です。

スポンサーリンク

ありのままの自身をエンパワメントする歌詞

SZAの歌詞は、多くの女性ファンやアーティストが彼女を支持し絶賛する理由の一つです。彼女は自身を飾ろうとせず、赤裸々な歌詞でリスナーに共感を呼び起こします。例えば、「Drew Barrymore」では脚のムダ毛を剃らないことを歌い、「SOS」では豊尻手術をしたことを明かし、「Kill Bill」では元カレを殺して復讐したいという妄想を描いています。多くの曲で自身の不安定な精神状態や劣等感、自己嫌悪が明かされ、自然体で素朴な口調、寛いだ調子で歌われます。これが彼女の魅力の一つであり、リスナーに「ありのままでいいのだ」とエンパワーメントを与えます。

スポンサーリンク

アーティスト仲間たちからも絶賛

SZAはテイラー・スウィフトからビヨンセまで、多くのアーティストからラブコールを受けています。これまでにマルーン5やドレイク、ドージャ・キャット、ザ・ウィークエンド、ケンドリック・ラマーなど、錚々たるメンツとコラボレートしてきました。ベイビーフェイスがプロデュースを手がけた最新アルバムからのシングル「Snooze」では、ジャスティン・ビーバーと共演しています。10年来の友人であるリゾとは、互いの曲で共作・共演する仲です。エミー賞を受賞したリゾのリアリティ番組『リゾのビッグスター発掘』にもSZAはゲスト出演しました。

スポンサーリンク

グラミー賞でリベンジなるか?

SZAは2018年のグラミー賞で、最優秀新人賞を含む5部門でノミネートされましたが、一つも受賞することができませんでした。その後も数多くノミネートされてきましたが、受賞したのはドージャ・キャットと共演した「Kiss Me More」のみ(最優秀ポップデュオ/グループパフォーマンス部門)です。今回の第66回グラミー賞では9部門でノミネートされており、本人もファンも期待を募らせています。2月4日(現地時間)の授賞式ではパフォーマンスを行い、彼女の最新スタイルにも注目が集まりました。

スポンサーリンク

SZAの人気曲

SZAの人気曲には以下のようなものがあります:

  • 「What’s Lovers Do」 – マルーン5とのコラボレーションで全米トップ10入りを果たした曲。
  • 「Drew Barrymore」 – 自然体で素朴な歌詞が特徴の曲。
  • 「Kill Bill」 – 元カレを殺して復讐したいという妄想を描いた曲。
  • 「Kiss Me More」 – ドージャ・キャットとのコラボレーションでグラミー賞を受賞した曲。
  • 「Snooze」 – ジャスティン・ビーバーとの共演曲。

これらの曲は、SZAの多様な音楽性と赤裸々な歌詞がリスナーに共感を呼び起こし、彼女の人気を支えています。

スポンサーリンク

まとめ

SZAはその多様な音楽性と赤裸々な歌詞で、多くのリスナーに共感を呼び起こし、音楽界で確固たる地位を築いています。彼女のバックグラウンドやコラボレーション、そしてグラミー賞でのリベンジに期待が高まる中、今後の活躍から目が離せません。

タイトルとURLをコピーしました