村田琳の現在と学歴:偏差値71の天才がイギリス名門校を卒業した理由とは?

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

村田琳のプロフィール

村田琳(むらた りん)さんは、1997年4月2日生まれの東京都出身。母親は有名な政治家の蓮舫さんで、双子の姉・村田翠蘭さんとともに育ちました。身長は175cmで、特技は英語。イギリスに4年間留学した経験があります。

スポンサーリンク

村田琳の学歴

幼稚園:青山学院幼稚園

村田琳さんは2001年4月に青山学院幼稚園に入園し、2004年3月に卒園しました。

小学校:青山学院初等部

村田琳さんの学歴は、幼少期からエリートコースを歩んでいます。小学校は青山学院初等部に通い、母親の蓮舫さんも同じ学校を卒業しています。青山学院初等部は偏差値60程度で、お受験の難関校として知られています。

中学校:青山学院中等部

中学校も青山学院中等部に進学。ここは偏差値71という超難関校で、村田琳さんの優秀さが際立ちます。中学時代には税理士に憧れていたというエピソードもあり、勉強に対する意欲が高かったことが伺えます。

高校:イギリスのセドバーグ高校

高校はイギリスの名門校、セドバーグ高校に留学しました。セドバーグ高校は1525年に開校した歴史ある全寮制の私立学校で、スポーツが盛んなことでも知られています。村田琳さんはラグビー部に所属していましたが、コンタクトスポーツが好きではなかったため途中で辞め、サッカーに熱中していました。

セドバーグ高校の入学条件には英語力が求められ、IELTS 4.0-5.5が必要です。村田琳さんはこの条件をクリアし、4年間通って20歳で卒業しました。英語の習得に時間がかかり、1年留年したものの、諦めずに卒業したことからも彼の努力家ぶりが伺えます。

留学した理由

村田琳さんがイギリスに留学した理由は、「税理士になるには海外での経験もしておいたほうが良いだろう」という考えがあったためです[1]。日本の高校は3年間ですが、村田琳さんはイギリスに4年間留学していました。税理士と海外留学は直接結びつかないように感じますが、知識や経験は多いほうが良いという考えだったのでしょう。

大学:湘南工科大学

高校卒業後、村田琳さんはすぐに大学に進学せず、芸能活動に専念しました。24歳で湘南工科大学工学部に入学し、入学式では生徒代表として宣誓を行うほど優秀でした。2021年5月には湘南工科大学の総長・糸山英太郎さんと養子縁組を行い、糸山琳という名前になりましたが、2022年6月に養子縁組を解消し、現在は母親の蓮舫さんとともに暮らしています。

スポンサーリンク

村田琳の芸能活動

村田琳さんは元アイドルグループ「VOYZ BOY」のメンバーで、俳優としても活動していました。ドラマ「ノーサイド・ゲーム」にも出演し、その後は芸能活動を引退しています。

スポンサーリンク

現在の村田琳

2024年現在、村田琳さんは表だった活動はしていませんが、母親の蓮舫さんの一番の協力者として支えています。糸山英太郎さんとの養子縁組を解消した理由については明確にはされていませんが、蓮舫さんの事務所からは「仲良くやっていますよ」とのコメントがあり、関係は良好のようです。

スポンサーリンク

村田琳の将来

村田琳さんは、政治家としての道を歩む可能性もあります。糸山英太郎さんの元で学問だけでなく、政治から帝王学まで学んでいたことから、将来的には母親の蓮舫さんと同じく政治の世界で活躍することが期待されています。

スポンサーリンク

まとめ

村田琳さんの学歴や現在の状況について詳しく紹介しました。偏差値71の天才として知られる彼は、イギリスの名門校での留学経験や芸能活動を経て、現在は母親の蓮舫さんを支える立場にあります。今後の彼の動向にも注目が集まります。

タイトルとURLをコピーしました