フジテレビ「オドオド×ハラハラ」終了の理由と背景: 佐久間宣行氏の期待作が幕を閉じる

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ

フジテレビのバラエティー番組「オドオド×ハラハラ」が9月に終了することが発表されました。お笑いコンビのオードリーとハライチが出演するこのトークバラエティーは、元テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行氏が演出を手掛けていました。しかし、放送開始からわずか1年で終了することとなりました。この記事では、その背景と理由について詳しく解説します。

スポンサーリンク

番組の概要と期待

「オドオド×ハラハラ」は、昨年10月にレギュラー放送を開始したバラエティー番組です。最初に昨年6月に特番として放送され、コア視聴率(男女13~49歳)で同時間帯トップを記録しました。この成功を受けて、ゴールデンタイムでのレギュラー放送が決定され、特に佐久間宣行氏がテレビ東京以外で初めてゴールデン帯のレギュラー番組を手掛けることもあって、局内外から大きな期待が寄せられていました。

佐久間氏はテレビ東京時代に人気の深夜番組「ゴッドタン」を立ち上げたことで知られ、深夜番組や配信番組での成功経験を持つプロデューサーです。そのため、「オドオド×ハラハラ」でも彼の独自のセンスや企画力が期待されていました。

スポンサーリンク

視聴率の低迷と番組終了の背景

「オドオド×ハラハラ」は、放送開始当初から視聴率で苦戦していました。今年4月には木曜午後8時枠から9時枠に移動するなどのテコ入れが行われましたが、思うような結果には繋がりませんでした。特に、今月20日の放送では平均世帯視聴率が2.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と同時間帯で最下位となりました。

局関係者は終了の背景について「番組開始当初はさまざまな企画に挑戦していたが、最近ではスターの豪邸訪問企画に頼る状態が続いていた。人気番組に押し上げる企画が生まれず、視聴率も低迷していた」と述べています。佐久間氏の深夜番組でのノウハウがゴールデン帯では十分に活かされなかったとの指摘もあります。

また、同時間帯にはNHKの「ニュースウオッチ9」など強力な競争相手が多く、視聴者の関心を引きつけるのが難しかったことも要因とされています。

スポンサーリンク

佐久間宣行氏のキャリアと今後

佐久間宣行氏は2021年3月にテレビ東京を退社し、フリーのテレビプロデューサーとして活動しています。現在手掛けているゴールデン帯のレギュラー番組は「オドオド×ハラハラ」だけですが、ニッポン放送「佐久間宣行のオールナイトニッポン0」など、裏方だけでなく出演者としても活躍しています。フジテレビでは金曜深夜のバラエティー「オールナイトフジコ」のメインMCも務めています。

佐久間氏はその独特の視点と斬新な企画で多くのファンを持っており、今後の活動にも注目が集まります。

スポンサーリンク

後番組の検討とフジテレビのコメント

「オドオド×ハラハラ」の後番組については、現在別のバラエティー番組が検討されているとのことです。フジテレビは「改編についてはお答えしておりません」とコメントしています。

新しい番組の内容やプロデューサーについては今後の発表を待つ必要があります。フジテレビが次にどのような戦略を打ち出すのか、視聴者や業界関係者からの関心が高まっています。

スポンサーリンク

おわりに

フジテレビのバラエティー番組「オドオド×ハラハラ」の終了は、多くの視聴者にとって残念なニュースです。しかし、佐久間宣行氏やフジテレビの今後の動向にも引き続き注目していきたいと思います。新たな挑戦とともに、さらに魅力的なコンテンツが生まれることを期待しています。

タイトルとURLをコピーしました