『うちの弟どもがすみません』映画化決定!畑芽育の初主演に注目!

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ

大人気少女漫画『うちの弟どもがすみません』の実写映画化が決定し、注目の若手女優・畑芽育が映画初主演を務めることが明らかになりました。この記事では、映画化の詳細や出演キャスト、原作の魅力などを詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

映画化決定!注目のキャスト陣

『うちの弟どもがすみません』は、オザキアキラによる人気少女漫画が原作で、「別冊マーガレット」(集英社)にて連載中です。シリーズ累計発行部数は230万部を突破しており、多くの読者から支持を得ている作品です。

映画の主演を務めるのは、若手女優として注目を集めている畑芽育です。畑は本作が映画初主演となり、主人公の成田糸役を演じます。

糸の4人の義理の弟たちには、以下の人気若手俳優たちが起用されました:

  • 長男・源役:作間龍斗(HiHi Jets)
  • 次男・洛役:那須雄登(美 少年)
  • 三男・柊役:織山尚大(少年忍者)
  • 四男・類役:内田煌音(ジュニア)

スポンサーリンク

映画のストーリー

『うちの弟どもがすみません』は、母親の再婚をきっかけに、突然4人の義理の弟ができた女子高校生・成田糸の物語です。糸は長女として新しい家族を支えるために奮闘しますが、弟たちと打ち解けていくうちに特別な感情が芽生えていきます。

映画では、原作の魅力を損なうことなく、家族の絆や青春の甘酸っぱい恋心を描き出すことが期待されています。

スポンサーリンク

キャストのコメント

畑芽育は、初主演作への意気込みを次のように語っています:

「初主演作ということで緊張しているのですが、家族になるお話なので、温かさや優しさがあふれる作品にできればいいなと思います。私は、5人兄弟の末っ子なので、糸ちゃんとは真逆なのですが、糸ちゃんの”家族を守るんだ!”という強い意志や、心の温かさが原作を読んですごく輝いて見えました。」

弟役を演じる俳優陣からも、それぞれの役柄への思いが寄せられています:

  • 作間龍斗:「僕も長男なので、”兄として何とかしなきゃ”というマインドに共感できました」
  • 那須雄登:「普段から一緒にいる作間と、同期の織山も共演すると聞いてとても心強かったです」
  • 織山尚大:「少し前の自分に近いところがあって感情移入できたので、気合を入れて演じたいと思いますし、自然に演じられる気がしています」
  • 内田煌音:「類は僕とポンコツなところが似てるので、そのまま演じていきたいと思います」
スポンサーリンク

原作者・オザキアキラのコメント

原作者のオザキアキラは、映画化決定の喜びを次のように表現しています:

「『ずっと夢だったけど実際に話を聞くと信じられない…!』という気持ちでいっぱいでした。でも、実際に演じている姿やキャストの皆さんがわちゃわちゃと仲良くしている様子を拝見する機会があり、その空気を感じた瞬間『成田きょうだいがいる!これは絶対大丈夫だ!』と自信と楽しみな気持ちが増しました!」

スポンサーリンク

映画の見どころ

  1. 畑芽育の初主演演技:子役時代からキャリアを積み、確かな演技力を持つ畑芽育の初主演作として注目されています。

  2. 人気若手俳優の共演:HiHi JetsやSnow Manなど、人気ジャニーズグループのメンバーを含む若手俳優陣の共演が実現しました。

  3. 原作の魅力を活かした脚本:230万部を超える人気漫画の魅力を、どのように実写化するかが見どころの一つです。

  4. 家族愛とラブコメの融合:新しい家族との絆を深めていく過程と、甘酸っぱい恋心が交錯する様子が描かれます。

  5. 豪華スタッフ陣:監督は「弱虫ペダル」「先生の白い嘘」などを手がけた三木康一郎が務めます。

スポンサーリンク

公開情報

『うちの弟どもがすみません』は、2024年12月6日に全国公開される予定です。

映画化発表に合わせて、姉弟5人が並ぶティザービジュアルと30秒の特報映像も公開されました。これらの映像や画像からも、原作ファンの期待に応える作品になりそうだと感じられます。

スポンサーリンク

まとめ

人気少女漫画『うちの弟どもがすみません』の実写映画化が決定し、注目の若手女優・畑芽育が初主演を務めることが明らかになりました。人気若手俳優陣の共演や、原作の魅力を活かした脚本など、見どころ満載の作品となりそうです。

2024年12月6日の公開に向けて、今後も続々と新情報が発表されることでしょう。原作ファンはもちろん、家族愛や青春ラブコメディーが好きな方にもおすすめの作品となりそうです。公開を心待ちにしながら、原作漫画を読んで予習するのもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました