声優 橘龍丸の魅力に迫る!アニメキャラとプロフィール徹底解説

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

橘龍丸とは?

橘龍丸(たちばな たつまる)は、日本の声優および舞台俳優で、1991年4月21日生まれ、福井県出身です。彼はステイラックに所属しており、声優としての活動を始める前は、父親が創立した劇団「橘小竜丸劇団」で10歳から大衆演劇に携わっていました。2010年から2015年までは劇団の座長としても活動していましたが、その後劇団を退団し、東京都内で舞台やミュージカルでの活動を開始しました。

スポンサーリンク

声優としてのキャリア

橘龍丸が声優としてデビューしたのは、2019年に放送された『歌舞伎町シャーロック』の小林寅太郎役です。この役をきっかけに、彼は多くのアニメ作品で主要キャラクターを演じるようになりました。

スポンサーリンク

主な出演作品とキャラクター

テレビアニメ

  • 『歌舞伎町シャーロック』(2019年 – 2020年):小林寅太郎
  • 『THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール』(2020年):ジン・モリ
  • 『進化の実〜知らないうちに勝ち組人生〜』(2021年 – 2023年):高宮翔太
  • 『群青のファンファーレ』(2022年):桜庭惣司朗
  • 『アオアシ』(2022年):大友栄作
  • 『惑星のさみだれ』(2022年):アニムス
  • 『ビックリメン』(2023年):ジャック
  • 『薬屋のひとりごと』(2023年 – 2024年):馬閃
  • 『黒執事 -寄宿学校編-』(2024年):グレゴリー・バイオレット

劇場アニメ

  • 『海辺のエトランゼ』(2020年):ミミママ
  • 『犬王』(2022年):犬王の長兄
  • 『北極百貨店のコンシェルジュさん』(2023年):フェレット

Webアニメ

  • 『爆丸アーマードアライアンス』(2020年 – 2021年):マキュー
  • 『シャーリー 私を守る君を、守りたいから。』(2020年):ハルイチ
  • 『コタローは1人暮らし』(2022年):佑
スポンサーリンク

舞台での活躍

橘龍丸は舞台俳優としても多くの作品に出演しています。特に注目すべきは、以下の舞台作品です。

  • 『イケメン戦国 THE STAGE』シリーズ:上杉謙信役
  • 『誰ガ為のアルケミスト』舞台版:クダンシュタイン役
  • 『滄海天記』シリーズ:宇喜多直家役
スポンサーリンク

ディスコグラフィ

橘龍丸はキャラクターソングも多く手掛けています。代表的な楽曲には以下のものがあります。

  • 『GIFT for SMILE!』(2020年):Team Warahibi!として「GIFT for SMILE!」
  • 『犬生は一度きり』(2020年):伊達組として「エターナルずんだ、えだまめフォーエバー」
  • 『Be Cool Men!』(2023年):ジャックとして「Be Cool Men!」
  • 『青春☆ワチャゴナドゥ / BYE×BYE GAME』(2023年):ヤマト、牛若、ジャックとして「青春☆ワチャゴナドゥ」
スポンサーリンク

橘龍丸の人物像

橘龍丸が声優を目指すきっかけとなったのは、幼少期に見た『らんま1/2』のビデオ本編後のインタビューで、早乙女乱馬役の山口勝平の話を聞いたことです。幼稚園児の頃から声優に憧れていた彼は、その夢を実現させました。

スポンサーリンク

まとめ

橘龍丸は、声優としても舞台俳優としても多岐にわたる活動を展開しており、その多才さと演技力で多くのファンを魅了しています。彼の今後の活躍にも大いに期待が寄せられています。これからも彼の出演作品をチェックし、その魅力を存分に楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました