Globe解散の真相と再始動の最新情報:人気曲ランキングも紹介

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

Globeの解散理由と再始動の背景

1995年にデビューし、日本の音楽シーンに大きな影響を与えた音楽ユニット「Globe」。彼らの解散理由と再始動の背景について詳しく見ていきましょう。

Globeは、TETSUYA KOMURO(小室哲哉)、MARC PANTHER(マーク・パンサー)、KEIKO(ケイコ)の3人で構成され、デビューシングル「Feel Like dance」から一躍注目を浴びました。特に4thシングル「DEPARTURES」はダブルミリオンを記録し、1stアルバム「globe」は400万枚以上を売り上げるなど、驚異的な成功を収めました。

しかし、2006年8月9日にリリースされたミニアルバム『new deal』を最後に、Globeは事実上の活動休止状態に入りました。その後、2007年12月25日にファンクラブ「house of globe」のイベントで1年4か月ぶりにメンバーが揃い、数曲を披露しましたが、翌月にはファンクラブの運営が一部サービスの滞りを理由に休止されました。

2008年にはKEIKOが「KCO」名義でソロ活動を開始し、3月12日にシングル「春の雪」をリリース、4月30日にはファーストアルバム『O-CRAZY LUV』を発売しました。同年6月16日には小室哲哉のブログでGlobeの活動再開が宣言され、8月31日にはa-nationにシークレットアーティストとして出演しました。

しかし、2008年11月4日に小室哲哉が5億円詐欺事件で逮捕され、エイベックスは同月から2009年1月までに予定されていたシングル3枚の発売中止とGlobeの楽曲の配信停止を発表しました。これにより、Globeは再び活動不能の状態となりました。

スポンサーリンク

最新情報と今後の展望

2024年4月29日、Globeのファンクラブ「house of globe」によるイベントが行われ、メンバー3名が再び揃い、ファンの前で数曲を披露しました。このイベントでは、今後のGlobeとしての活動展望が明かされましたが、翌月にはファンクラブの運営が一部サービスの滞りを理由に再び休止されました。

現在、Globeの再始動に関する具体的な情報はまだ発表されていませんが、ファンの間では再び活動を再開することへの期待が高まっています。

スポンサーリンク

人気曲ランキング

Globeの楽曲は多くのファンに愛されており、以下は特に人気の高い曲のランキングです。

DEPARTURES:ダブルミリオンを記録した名曲。Globeの代表曲として知られています。

Feel Like dance:デビューシングルであり、Globeのスタートを飾った一曲。

FACES PLACES:2ndアルバムのタイトル曲で、深い歌詞とメロディが特徴。

Wanderin’ Destiny:ドラマの主題歌としても使用され、多くの人々に親しまれました。

Love again:切ないメロディと歌詞が印象的な一曲。

スポンサーリンク

まとめ

Globeはその音楽性とパフォーマンスで多くのファンを魅了し続けてきました。解散や再始動の背景には様々な出来事がありましたが、彼らの音楽は今もなお多くの人々に愛されています。今後の活動に期待しつつ、彼らの名曲を再び楽しんでみてはいかがでしょうか。

Globeの最新情報や人気曲について、この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました