BLACKPINKリサの熱愛相手は超富豪御曹司!?ルイ・ヴィトン財閥の次期当主との恋の行方

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

BLACKPINKリサの熱愛説、ついに現実に

K-POPの人気ガールズグループBLACKPINKのメインラッパー、リサの熱愛説がついに現実のものとなりました。相手は世界的高級ブランド「ルイ・ヴィトン」を傘下に持つ財閥の御曹司、フレデリック・アルノー氏です。

リサとフレデリック氏の交際が発覚したのは昨年のことでした。当時、二人がアメリカやフランスで一緒にいる姿が目撃され、ファンの間で熱愛説が浮上しました。しかし、所属事務所からの公式見解はなく、ただの噂と片付けられていました。

スポンサーリンク

事実上の公開熱愛!?二人の同伴出席に驚きの声

ところが最近、リサとフレデリック氏が公の場に同伴出席したことで、事実上の公開熱愛を認めたのではないかと見られています。二人が出席したのは、フレデリック氏が最高経営責任者を務めるタグ・ホイヤーのイベントでした。

リサの所属事務所はいまだ二人の交際について明言を避けていますが、ファンからは「もはや隠し立てしない」「公開恋愛宣言」といった驚きの声が上がっています。

スポンサーリンク

世界的富豪一家の御曹司、リサとの年の差は?

一体、リサの熱愛相手であるフレデリック・アルノー氏とはどんな人物なのでしょうか。

フレデリック氏は、世界的高級ブランド「ルイ・ヴィトン」を傘下に持つモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)グループの御曹司です。父ベルナール・アルノー会長の5人の子どもの3男に当たります。

現在、フレデリック氏は時計ブランド「タグ・ホイヤー」の最高経営責任者を務めており、今年からはLVMHグループの時計部門のCEOにも就任しています。[1] さらに先日、LVMH家族の持ち株会社の代表に任命されるなど、次期グループ当主への道を着実に歩んでいます。

一方のリサは、1997年生まれの26歳。フレデリック氏は1975年生まれの48歳と、なんと22歳もの年の差があります。しかし、お金持ちの恋愛事情には一般常識が通用しないのかもしれません。

スポンサーリンク

二人の出会いは?ルイ・ヴィトンのアンバサダーが切っ掛け

それでは、リサとフレデリック氏はどのようにして出会ったのでしょうか。

リサは2021年、世界的高級ブランド「ルイ・ヴィトン」の公式アンバサダーに就任しています。[3] つまり、ルイ・ヴィトン一家とリサには縁があったわけです。

アンバサダー就任時のインタビューで、リサは「ルイ・ヴィトンのブランドに憧れを抱いていた」と語っていました。そんなリサの夢がかなった形となり、さらにはルイ・ヴィトン御曹司との恋にも発展したようです。

スポンサーリンク

二人の恋の行方は?結婚への願望も

リサとフレデリック氏の熱愛が認められれば、二人の今後が気になるところです。

リサは過去のインタビューで「30歳までに結婚したい」と語っていました。 26歳の現在、まだ時間的な余裕はありますが、フレデリック氏との年の差を考えると、早めに決断を迫られるかもしれません。

一方、フレデリック氏は次期グループ当主として、ルイ・ヴィトン一家の重荷を背負っています。リサとの結婚が許されるのか、家族内での反対は避けられないでしょう。

しかし、お互いを思う気持ちが強ければ、二人の恋は乗り越えられるに違いありません。世界的スター同士の豪華な夢の結婚となるのか、それとも波乱の行方を辿るのか。リサとフレデリック氏の恋の行方に、今後も注目が集まることでしょう

タイトルとURLをコピーしました