りゅうちぇるさん自殺の理由5選|心の闇に迫る

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

りゅうちぇるさん自殺の衝撃的なニュース

2023年7月12日、りゅうちぇるさんは所属事務所で死亡している状態で発見されました。享年27歳。警視庁は自殺を図ったとみています。なぜ彼が自殺に至ったのか、その理由を考察してみましょう。

スポンサーリンク

1. 誹謗中傷|ネット上の攻撃が心に与えた影響

りゅうちぇるさんは、2022年8月にpecoさんとの離婚を発表し、自身がLGBTであることをカミングアウトしました。その後、女性ホルモンを服用し、女性らしい見た目に変貌しました。このことに対してSNSやインターネット上で多くの批判や中傷がありました。

具体的には、「子供を作っておいて今さら夫でいるのを辞めるなんて無責任」「ぺこちゃんがかわいそう」「妻と子供がいて離婚して女性になるのは自分勝手すぎる」などの言葉が投げかけられました。これらの誹謗中傷は、彼の心に深い傷を残し、理解や支援を求めていたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

2. 病気|女性ホルモンの副作用と精神的苦痛

りゅうちぇるさんは、女性ホルモンを服用していました。女性ホルモンは、乳房や肌などの女性的な特徴を促進する効果がありますが、同時に男性的な特徴や機能を低下させる効果もあります。その副作用や影響で体調や精神面に不安定さがあった可能性があります。

具体的な副作用としては、骨粗鬆症、血栓症、肝機能障害、高血圧、糖尿病、乳がん、勃起不全、精子減少、性欲減退、気分変動、不安、抑うつなどが挙げられます。これらの影響により、彼は不安や恐怖、孤独を感じていたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

3. 恋愛|新しい関係と古い関係の葛藤

りゅうちぇるさんはpecoさんと離婚後も人生のパートナーとして家族として一緒に子育てをしていくことを宣言しましたが、恋愛のパートナーとしては別れたことになります。彼は新しい恋愛を求めたりしていた可能性がありますが、女性ホルモンを服用し女性らしくなった彼は、男性からも女性からも受け入れられにくかったかもしれません。

また、pecoさんへの未練や罪悪感も抱えていた可能性があります。pecoさんに対して感謝や愛情を持っており、彼女を傷つけたくなかったと思われますが、実際には彼女の幸せを奪ってしまったと感じていたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

4. 仕事|変化するキャリアへのプレッシャー

りゅうちぇるさんはモデルやタレントや実業家など多方面で活躍していましたが、離婚やカミングアウトや見た目の変化などによって、仕事が減少したり困難に直面したりした可能性があります。個人事務所を設立しましたが、大手事務所と比べると仕事を上手く取れなかったかもしれません。

彼はファッションや音楽やアートなどに興味があり、クリエイティブな活動をしたかったと思われますが、自分の才能や個性を十分に発揮できず、満足できなかったかもしれません。

スポンサーリンク

5. 子育て|父親としての責任と悩み

りゅうちぇるさんはpecoさんとの間に2018年7月11日に生まれた息子さんを溺愛していましたが、子育てにも悩みや苦労があったでしょう。彼は女性になったことで息子さんにどのような影響を与えているのか不安に思っていたかもしれません。

息子さんがパパが女性の姿をしていることに理解ができず、いじめられる可能性もあったため、自分を責めてしまったのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ|心の闇と向き合う

りゅうちぇるさんの自殺は、多くの要因が重なり合った結果と考えられます。誹謗中傷、病気、恋愛、仕事、子育てといった様々なプレッシャーが彼の心を蝕んでいったのでしょう。彼の死を無駄にしないためにも、心の闇と向き合い、理解し合うことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました