名探偵コナン映画初の1000万人突破!【最新情報】

スポンサーリンク
アニメ・ゲーム
スポンサーリンク

名探偵コナン映画最新作の概要

『名探偵コナン 100万ドルの五稜星(100まんドルのみちしるべ)』は、アニメ『名探偵コナン』劇場版シリーズの27作目です。本作は2024年4月12日に公開され、公開から52日間で観客動員数が1006万人、興行収入が144億円を突破しました。『名探偵コナン』は、主人公の工藤新一が黒ずくめの組織に追われる中で、数々の難事件を解決する人気作品です。シリーズは1994年から連載がスタートし、テレビアニメや劇場版も長年にわたり愛され続けています。

スポンサーリンク

観客動員数1000万人突破の背景

今回の観客動員数1000万人突破は、シリーズ初の快挙です。公開初日には63万人が映画館を訪れ、9.6億円の興行収入を記録しました。その後も勢いは止まらず、公開45日間で観客動員数977万人、興収140.1億円を突破し、前作『名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)』の記録を上回りました。『100万ドルの五稜星』はゴールデンウィークを超えても高い人気を維持し、6月に入っても勢いが続いています。

スポンサーリンク

東宝の喜びと新記録への期待

配給元の東宝は、今回の新記録達成に大きな喜びを表しています。「今作『100万ドルの五稜星』は、劇場版シリーズ初の観客動員数1000万人という新記録を打ち立てました!」とコメントし、今後のさらなる記録更新への期待を語りました。

スポンサーリンク

新たな上映形態とSNSでの反響

『100万ドルの五稜星』では、【愛を叫べ!100万ドルの応援上映】と題した発声可能上映や、自動制御ペンライト上映、英語字幕上映などの新しい上映形態が導入されました。SNS上では、「会場の団結力がハンパなかった」「シーンごとに入る的確なツッコミに思わず笑っちゃう」といった感想が寄せられ、大好評を博しています。

スポンサーリンク

函館を舞台にした物語の魅力

本作の物語は函館を舞台に展開され、服部平次と怪盗キッドの対決が見どころです。平次は和葉への告白を果たせずにいる中、因縁のキッドと激突します。平次と和葉の関係を見守るキャラクターたちも登場し、物語の緊張感を高めています。函館の風景や「100万ドルの夜景」を背景にした壮大なストーリーが観客を魅了します。

スポンサーリンク

興行収入と観客動員数の推移

以下は『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』の興行収入と観客動員数の推移です。

  • 初日:観客動員数63万人、興収9.6億円
  • 公開3日間:観客動員数227万4333人、興収33億5249万4500円
  • 公開10日間:興収65億円
  • 公開22日間:観客動員数732万人、興収105億円
  • 公開25日間:観客動員数845万3000人、興収120億9900万円
  • 公開31日間:観客動員数898万人、興収128億円
  • 公開38日間:観客動員数943万人、興収135億円
  • 公開45日間:観客動員数977万人、興収140.1億円
  • 公開52日間:観客動員数1006万人、興収144億円
スポンサーリンク

まとめ

『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』は、劇場版シリーズ初の観客動員数1000万人を突破し、新たな記録を打ち立てました。物語の魅力や新たな上映形態、SNSでの反響など、多くの要素がこの成功を支えています。今後も更なる記録更新が期待される本作に、引き続き注目が集まります。

タイトルとURLをコピーしました