多部未華子、ディズニー&ピクサー作品で声優に!『インサイド・ヘッド2』新キャラの魅力

スポンサーリンク
アニメ・ゲーム

2024年8月1日に公開予定のディズニー&ピクサーの最新作『インサイド・ヘッド2』。この作品で、多部未華子さんが日本語吹き替え版の声優として新キャラクター「シンパイ」を演じることが決定しました。この記事では、多部未華子さんの声優挑戦や『インサイド・ヘッド2』の魅力について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

多部未華子が演じる「シンパイ」とは?

『インサイド・ヘッド2』では、前作で描かれた11歳の少女ライリーの頭の中の感情たちに加え、新たに「大人の感情」たちが登場します。多部未華子さんが演じる「シンパイ」は、その「大人の感情」たちのリーダー的存在です。シンパイは、最悪の将来を想像し、必要以上に準備をしてしまうキャラクターで、せかせかと落ち着きがなく、しかし正義感が強いという個性的な性格を持っています。

スポンサーリンク

多部未華子の声優挑戦

多部未華子さんは、これまで俳優として数々の映画やドラマで活躍してきましたが、ディズニー&ピクサー作品での声優は今回が初めてです。US本社のオーディションを経て「シンパイ」役を射止めた多部さんは、「もともとディズニー&ピクサー作品が大好きで、前作『インサイド・ヘッド』も映画館で観に行きました。今回、新たな感情の『シンパイ』というキャラクターで自分の声を残せるのはとても嬉しいです」と喜びを語っています。

スポンサーリンク

収録の裏側とキャラクターへの思い

多部未華子さんは、シンパイというキャラクターを演じる上での難しさについても語っています。「シンパイという感情は生きていく上でとても大切な感情だと思うので、その良さと癖のバランスをとるのが難しかったです」と振り返り、他の感情たちとは異なる表現や声の出し方を掴むのに苦労したと明かしています。

また、多部さん自身も「心配しすぎて荷物が多いタイプ」と語り、シンパイというキャラクターに共感する部分が多いことを明かしています。「小さいことですが、これ持っておいてよかった!と心配することで助けられている部分はあります」と、自身の経験を交えてキャラクターに対する思いを語っています。

スポンサーリンク

『インサイド・ヘッド2』の魅力

『インサイド・ヘッド2』は、前作同様に感情たちの世界を舞台にしていますが、今回は思春期を迎えたライリーの新たな感情たちが登場します。シンパイをはじめとする新キャラクターたちが加わり、感情の嵐が巻き起こる物語が展開されます。

多部未華子さんは、「思春期とか、人生の転機で感情がどんどん芽生える瞬間は誰もが通ってきただろうし、もしくはこれからも通るかもしれない道なので、誰もがぐっと共感できて泣ける作品になっている」と自信を見せています。また、「観た後は自己肯定を高めてくれるようなキラキラした作品だと思ったので、大人の方にもたくさん共感していただける作品になっていると思います」とアピールしています。

スポンサーリンク

まとめ

多部未華子さんが声優を務める『インサイド・ヘッド2』は、感情たちの新たな冒険を描いた感動的な作品です。シンパイというキャラクターを通じて、多部さんの新たな一面を楽しむことができるでしょう。公開が待ち遠しいですね。ぜひ劇場で、多部未華子さんの声優としての新たな挑戦をお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました