九州北部の梅雨明けはいつ?過去のデータと今年の予測

スポンサーリンク
その他

梅雨は日本の季節の中でも特に重要な時期であり、特に九州北部地方ではその影響が大きいです。この記事では、九州北部の梅雨明けについて、過去のデータと今年の予測を詳しく解説します。

スポンサーリンク

九州北部の梅雨とは?

九州北部地方は、山口県、福岡県、大分県、佐賀県、長崎県、熊本県を含む地域です。この地域は、梅雨前線の影響を強く受けるため、梅雨の期間中は降水量が多くなります。梅雨は、春から夏にかけての移行期に発生し、雨や曇りの日が多くなる季節現象です。

スポンサーリンク

過去の梅雨明けデータ

九州北部の梅雨明けは、年によって大きく異なります。以下に、過去数年間の梅雨明けデータを示します。

梅雨入り梅雨明け日数降水量 (平年比)
平年6月4日7月19日42日
2023年5月29日7月25日57日105%
2022年6月11日7月22日41日68%
2021年5月11日7月13日59日44%
2020年6月11日7月30日27日192%
2019年6月26日7月25日55日96%
2018年6月5日7月9日22日108%
2017年6月20日7月13日40日64%
2016年6月4日7月18日31日114%
2015年6月2日7月29日19日101%

このデータからわかるように、梅雨明けの時期は年によって大きく異なります。例えば、2020年は7月30日に梅雨明けしましたが、2018年は7月9日に梅雨明けしています。また、降水量も年によって大きく変動しており、2020年は平年比192%と非常に多かったのに対し、2021年は44%と少なかったです。

スポンサーリンク

2024年の梅雨明け予測

2024年の梅雨明けについて、気象庁や各種気象予報機関の予測を基に解説します。今年の梅雨入りは6月17日と平年より13日遅く、昨年より19日遅い梅雨入りとなりました。この遅れは、太平洋高気圧の北への張り出しが弱く、梅雨前線がなかなか北上しなかったためです。

気象庁の予測によると、2024年の九州北部の梅雨明けは平年通りの7月19日ごろになると見込まれています。ただし、梅雨明けの時期は気象条件によって変動するため、最新の気象情報を確認することが重要です。

スポンサーリンク

梅雨明け後の天気と影響

梅雨明け後の九州北部は、晴天が続き、気温が上昇することが予想されます。特に、梅雨明け直後は大陸からの乾いた移動性高気圧が梅雨前線を追い払うため、比較的からっとした暑さになることが多いです。しかし、その後は南海上の太平洋高気圧と合体し、湿度が高くなるため、蒸し暑い日が続くことが予想されます。

また、梅雨明け後は台風シーズンに突入するため、台風の影響にも注意が必要です。特に、フィリピンの東で発生した台風が北西へ進む場合、九州地方にも影響を及ぼす可能性があります。

スポンサーリンク

まとめ

九州北部の梅雨明けは、年によって大きく異なりますが、平年では7月19日ごろです。2024年の梅雨明けは平年通りの時期になると予測されていますが、気象条件によって変動するため、最新の気象情報を確認することが重要です。梅雨明け後は晴天が続き、気温が上昇するため、熱中症や台風の影響にも注意が必要です。

この記事では、過去のデータと今年の予測を基に、九州北部の梅雨明けについて詳しく解説しました。梅雨明けの時期を正確に把握し、適切な対策を講じることで、快適な夏を過ごすことができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました