6月の開運日:宝くじを買うならこの日!買ってはいけない日は?

スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク

6月の開運日とは?

6月は祝日がないため、少し気分が落ち込みがちになることもあります。しかし、そんな時こそ運を開くチャンスです。特に、宝くじを購入する際には、縁起の良い日を選ぶことで運気を引き寄せることができます。この記事では、2024年6月の開運日と、宝くじを買うのに最適な日、避けるべき日について詳しく解説します。

スポンサーリンク

6月の特に縁起の良い日

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

一粒万倍日は、何かを始めるのに最適な日とされています。この日に始めたことは、万倍にもなって返ってくると言われています。特に、宝くじの購入や新しいビジネスのスタートに向いています。

  • 6月10日(月):一粒万倍日、巳の日、大明日
  • 6月11日(火):一粒万倍日、大明日、月徳日

大明日(たいみょうにち)

大明日は、何事も吉とされる日です。この日に行動を起こすと、成功しやすいとされています。

  • 6月7日(金):大明日、母倉日
  • 6月9日(日):大明日
  • 6月10日(月):大明日、一粒万倍日、巳の日
  • 6月11日(火):大明日、一粒万倍日、月徳日
  • 6月12日(水):大明日

月徳日(げっとくにち)

月徳日は、月の幸運を守護する神がいる日とされ、基本的に万事に向く吉日です。

  • 6月11日(火):月徳日、一粒万倍日、大明日
  • 6月21日(金):月徳日、鬼宿日、大明日、友引
スポンサーリンク

宝くじを買うのに最適な日

宝くじを購入する際には、特に金運がアップする日を選ぶと良いでしょう。以下の日が特におすすめです。

  • 6月10日(月):一粒万倍日、巳の日、大明日
  • 6月11日(火):一粒万倍日、大明日、月徳日
  • 6月21日(金):月徳日、鬼宿日、大明日、友引
スポンサーリンク

宝くじを買ってはいけない日

一方で、宝くじを購入するのに避けるべき日もあります。以下の日は、運気が下がるとされているため、宝くじの購入は控えた方が良いでしょう。

仏滅(ぶつめつ)

仏滅は、何事も凶とされる日です。この日に行動を起こすと、失敗しやすいとされています。

  • 6月11日(火):仏滅(ただし、一粒万倍日、大明日、月徳日が重なるため、他の要素でカバーできるかもしれません)

不成就日(ふじょうじゅび)

不成就日は、何事も成就しないとされる日です。この日に始めたことは、成功しにくいとされています。

  • 6月4日(火):不成就日
  • 6月10日(月):不成就日(ただし、一粒万倍日、巳の日、大明日が重なるため、他の要素でカバーできるかもしれません)
スポンサーリンク

まとめ

6月は、祝日がないため少し気分が落ち込みがちですが、開運日を活用することで運気を引き寄せることができます。特に、宝くじを購入する際には、一粒万倍日や大明日、月徳日などの縁起の良い日を選ぶと良いでしょう。一方で、仏滅や不成就日などの運気が下がる日には、宝くじの購入を避けることをおすすめします。

運を味方につけて、6月を素晴らしい月にしましょう!

タイトルとURLをコピーしました