土屋太鳳が絶賛!元アイドル田村芽実の「天才」ぶりに迫る

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ

近年、日本の芸能界で注目を集めている若手女優がいます。その名は田村芽実。元ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・アンジュルム(旧スマイレージ)のメンバーから、ミュージカル女優へと華麗なる転身を遂げた彼女の才能が、今、多くの人々の目に留まっています。

特に注目すべきは、若手女優の中でもトップクラスの人気を誇る土屋太鳳が、田村芽実の演技を「天才」と絶賛したことです。この評価は、芸能界内外で大きな反響を呼びました。

スポンサーリンク

田村芽実のプロフィール

田村芽実は1998年10月30日生まれの25歳(2024年6月現在)で、群馬県伊勢崎市出身です。幼少期からミュージカルに出演するなど、舞台経験が豊富でした。2011年にスマイレージ(後のアンジュルム)に加入し、約5年間アイドルとして活動しました。

2016年にグループを卒業後、女優としての道を歩み始めます。特筆すべきは、憧れの歌手である本田美奈子.の半生を描いた舞台『minako -太陽になった歌姫-』で主演を務めたことです。この役は、田村が幼い頃から願っていたものでした。

スポンサーリンク

「天才」と評された演技力

田村芽実の演技力が広く認められるきっかけとなったのは、ミュージカル『マリーゴールド』での演技でした。この作品は、劇作家の末満健一が手がける『TRUMP』シリーズの最新作で、ヴァンパイアを題材にした重厚な世界観が特徴です。

土屋太鳳は自身のInstagramで、この公演を観劇した感想を次のように述べています:

「上演中は、『天才』という言葉が何度も頭に浮かんだ時間でもありました。#田村芽実 さん、あまりにも素晴らしい。」

この評価は、単なる褒め言葉以上の重みがあります。土屋太鳳自身も、Siaのミュージックビデオにダンサーとして出演するなど、高い表現力を持つ女優として知られているからです。

スポンサーリンク

多才な表現力

田村芽実の魅力は、演技力だけにとどまりません。彼女の歌唱力も、多くの人々を魅了しています。アイドル時代から培った歌唱力に加え、ミュージカル女優としての経験が、彼女の表現の幅をさらに広げています。

2019年1月には、自身のワンマンライブ「田村芽実ワンマンライブ2019″めいめい”」を開催し、歌手としての才能も存分に発揮しました。さらに、2022年9月にはシングル『輝いて ~My dream goes on~』をリリースし、ソロ歌手としてもデビューを果たしています。

スポンサーリンク

新たな挑戦

田村芽実は、常に新しい挑戦を続けています。2022年には、脚本・演出・出演の3役を務めた単独ライブ「私のもとへ還っておいで 田村芽実一人芝居コンサート」を開催しました。この公演は、彼女の多才さを存分に発揮した作品となりました。

田村自身、この経験について次のように語っています:

「私は女優業だけじゃなく、執筆にも興味があって。そういった部分では、物書きとしての刺激にはなったと思うし、成長できた。そういった作品をつくることができたからこそ、女優としても成長できました。方向性を決めないことが、一番自分の可能性を広げることだと思っています」

この言葉からも、彼女が常に新しい表現方法を探求し続けていることがうかがえます。

スポンサーリンク

今後の展望

田村芽実の活躍は、舞台にとどまりません。2024年秋からは、NHK連続テレビ小説「おむすび」に柚木理沙(リサポン)役として出演することが決定しています。これは、彼女にとって新たなステージへの挑戦となるでしょう。

また、田村は自身の目標について次のように語っています:

「今までこうなりたいって思っていたのは、ミュージカル俳優さんを目標にしていたし、こんな作品に出たいというのもミュージカルだったので。でも今は、新しい世界にも挑戦させて頂き、これから私は何を目指していこうかなっていう、生まれて初めて、目標とか目的地を作らずに走り続けている状態なんです」

この言葉は、彼女が常に成長し続ける姿勢を持っていることを示しています。

スポンサーリンク

まとめ

田村芽実は、アイドルからミュージカル女優、そして多才なパフォーマーへと、着実にキャリアを積み重ねてきました。土屋太鳳に「天才」と評された彼女の才能は、今後さらに開花していくことでしょう。

演技、歌唱、執筆と、多岐にわたる表現方法を持つ田村芽実。彼女の今後の活躍に、多くの人々が注目しています。アイドルとしての経験を糧に、新たな世界で輝き続ける田村芽実の姿は、多くの人々に勇気と希望を与えることでしょう。

これからの田村芽実の活躍に、ますます期待が高まります。

タイトルとURLをコピーしました