『キンキーブーツ』2025年公演キャスト発表!注目の新顔と実力派俳優たち

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ

ブロードウェイで大ヒットを記録し、日本でも人気を博しているミュージカル『キンキーブーツ』の2025年日本公演のキャストが発表されました。今回の公演では、注目の新顔と実力派俳優たちが集結し、新たな魅力を見せてくれることでしょう。本記事では、2025年公演のキャスト情報と、作品の魅力について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

主要キャスト

2025年公演の主要キャストが公式サイトで発表されました。

  1. チャーリー・プライス役:東啓介・有澤樟太郎(ダブルキャスト)
  2. ローラ役:甲斐翔真・松下優也(ダブルキャスト)
  3. ローレン役:田村芽実・清水くるみ(ダブルキャスト)
  4. ニコラ役:熊谷彩春
  5. ドン役:大山真志
  6. ジョージ役:ひのあらた
  7. パット役:飯野めぐみ
  8. トリッシュ役:多岐川装子
  9. ハリー役:中谷優心

チャーリー・プライス役:東啓介・有澤樟太郎

東啓介さんと有澤樟太郎さんがダブルキャストでチャーリー役を演じます。靴工場の跡取り息子という役柄を、両者の持つ個性と演技力で表現し、観客を魅了することでしょう。

ローラ役:甲斐翔真・松下優也

甲斐翔真さんと松下優也さんがダブルキャストでローラ役を演じます。ドラァグクイーンのローラは、作品の中でも特に印象的な役柄です。両者の歌唱力とダンススキルが、ローラの魅力を存分に引き出すことが期待されます。

ローレン役:田村芽実・清水くるみ

田村芽実さんと清水くるみさんがダブルキャストで、靴工場で働く従業員のローレン役を演じます。両者の演技力と歌唱力が、ローレンという人物の魅力を十分に表現してくれるはずです。

スポンサーリンク

エンジェルス

ローラのステージを彩るドラァグクイーンたち、エンジェルスのキャストも発表されました:

  • 穴沢裕介
  • 佐久間雄生
  • シュート・チェン
  • 大音智海
  • 工藤広夢
  • 轟 晃遙

エンジェルス/スウィングとして、本田大河さん、長澤仙明さんも出演します。

スポンサーリンク

その他のキャスト

  • 藤浦功一
  • 石川 剛
  • 聖司朗
  • 舩山智香子
  • 伊藤かの子
  • 熊澤沙穂
  • 竹廣隼人
  • 趙 京來
スポンサーリンク

『キンキーブーツ』の魅力

『キンキーブーツ』は、2005年のイギリス映画を原作としたミュージカルです。経営難に陥った靴工場が、ドラァグクイーン向けのブーツ製造に活路を見出す過程を描いた物語で、「自分らしさを大切にする」というメッセージが込められています。

豪華クリエイター陣

本作の魅力の一つは、豪華なクリエイター陣による作品づくりです:

  • 脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン(トニー賞受賞者)
  • 音楽・作詞:シンディ・ローパー(グラミー賞受賞アーティスト)
  • 演出・振付:ジェリー・ミッチェル
  • 日本版演出協力/上演台本:岸谷五朗
  • 訳詞:森雪之丞

特に、シンディ・ローパーによる楽曲は、キャッチーでありながら深みのある名曲揃いで、観客を魅了します。

パワフルなダンスパフォーマンス

『キンキーブーツ』の見どころの一つは、ドラァグクイーンたちによるパワフルなダンスパフォーマンスです。特に、1幕ラストの『エヴリバディ・セイ・イェー』は、本作の名シーンとして知られています。

メッセージ性のある作品

本作は、単なるエンターテインメントにとどまらず、「自分らしく生きること」「他者を受け入れること」といったメッセージを、押し付けがましくなく優しく伝えています。

スポンサーリンク

2025年公演への期待

2025年の『キンキーブーツ』日本公演は、ブロードウェイの感動を日本で体験できる貴重な機会となるでしょう。ダブルキャストによる主要キャラクターの異なる解釈や、新たに加わったキャストたちの演技にも注目が集まります。

『キンキーブーツ』は、実話に基づいたストーリー、豪華クリエイター陣による楽曲と演出、パワフルなダンスパフォーマンス、そして心に響くメッセージ性など、見どころ満載の作品です。2025年の公演では、これらの魅力がさらに磨きがかかり、観客を魅了することが期待されます。

チケットの詳細情報は今後発表されると思われますので、公式サイトやSNSをこまめにチェックし、お気に入りの席を確保しましょう。『キンキーブーツ』の世界に浸り、自分らしく生きることの素晴らしさを体感してください。

ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」公式サイト

タイトルとURLをコピーしました