反町隆史が2024FNS歌謡祭に登場!見逃せないステージの詳細

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ

2024年7月3日に放送される『2024FNS歌謡祭 夏』の出演アーティスト第1弾が発表され、大きな話題となっています。その中でも特に注目を集めているのが、俳優の反町隆史さんの出演です。

スポンサーリンク

26年ぶりの伝説ドラマ主題歌を熱唱

反町隆史さんは、今年4月に26年ぶりの復活を果たした伝説のドラマ『GTOリバイバル』の主題歌「POISON」を、人気ロックバンドBLUE ENCOUNTと共に披露します。

1998年に放送された原作ドラマ『GTO』で主演を務め、熱血教師・鬼塚英吉役を演じた反町さん。当時の名場面の数々が今でも多くのファンに愛されており、26年の時を経て同じ役柄に挑戦したことで、大きな話題を呼びました。

そんな反町さんが、当時の名曲「POISON」を新たに生み出されたアレンジで歌うことになり、世代を超えた化学反応が期待されています。

スポンサーリンク

若手人気バンドとの夢の共演

反町さんの相手となるのは、10代・20代を中心に絶大な人気を誇るロックバンド、BLUE ENCOUNTです。

2012年に結成され、2017年のメジャーデビュー以降、次々とヒット曲を生み出してきたBLUE ENCOUNT。彼らの持つパワフルでストレートな楽曲と、反町さんの重厚な歌声が融合すれば、まさに世代を超えた一体感が生まれるはずです。

BLUE ENCOUNTのメンバーも、「反町さんと共演できることを光栄に思います。世代を超えた夢のステージを魅せられるよう、全力を尽くします」と意気込みを語っています。

スポンサーリンク

熱血教師と問題児の化学反応

「POISON」は、原作ドラマ『GTO』の中でも重要な位置を占める名曲です。熱血教師の鬼塚英吉と、問題児の生徒たちの確執と絆を表した歌詞が印象的でした。

そんな名曲を、26年の時を経て、当時の主演者と若手の人気バンドが共に歌うことになれば、まるで鬼塚英吉と生徒たちが音楽を通して心を通わせるような、世代を超えた感動的なステージになることでしょう。

スポンサーリンク

他の見どころも満載

反町隆史さんの出演以外にも、『2024FNS歌謡祭 夏』には目が離せない見どころが満載です。

B’zの稲葉浩志さんがソロ初出演し、話題のドラマ主題歌「Stray Hearts」をテレビ初披露。世界的人気を誇るNewJeansがスタジオに初登場してスペシャルメドレーを披露するほか、DA PUMPがパリ五輪の正式種目・ブレイキンのアンセムソングを熱演、ミュージカル『モーツァルト!』の出演者も登場するなど、見逃せないステージが目白押しです。

スポンサーリンク

まとめ

俳優の反町隆史さんが、26年ぶりに熱唱する伝説の主題歌「POISON」。若手人気バンドBLUE ENCOUNTとの夢の共演に、世代を超えた化学反応と感動が期待されています。

他にも豪華アーティストが勢ぞろいする『2024FNS歌謡祭 夏』。7月3日の生放送に乞うご期待です!

タイトルとURLをコピーしました