Snow Manラウール、パリのモデル事務所「BANANAS MODELS」に所属を発表!21歳の誕生日に大きな一歩

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ

Snow Manのメンバーであるラウール(21)が、フランス・パリのモデル事務所「BANANAS MODELS」に所属したことを、6月27日に自身のインスタグラムで行った生配信で発表しました。この日はラウールの21回目の誕生日であり、彼にとって特別な日に大きなニュースが飛び出しました。

スポンサーリンク

パリでの誕生日にビッグニュース

ラウールはインスタライブで、「ちょっと特殊なパターンというか。今はSTARTO ENTERTAINMENTのアイドルとして活動していて、パリのモデル事務所とも契約しているんですけど、その経緯も話しておこうと思って」と語り始めました。彼はモデルの仕事に対する情熱を語り、「俺的にはモデルの仕事が楽しくて、プロフェッショナルでいられる感覚があって」と述べました。

スポンサーリンク

苦難を乗り越えての契約

ラウールはパリコレ出演を目標に定め、モデル事務所のオーディションに挑戦しましたが、「20~30社とか落ちまくって」と苦戦を強いられました。それでも、「今の事務所がOKで。そこだけ通って。事務所に入るのがマジで難しかった」と、執念で契約を勝ち取りました。

スポンサーリンク

Snow Manの活動は継続

ラウールはSnow Manの活動についても言及し、「辞めるの?っていうコメントを見ちゃったんですけど、どう考えても辞めないですね。パリコレ行くぞというのはアイドルの中で面白い形を探れないかなと思ってトライしてきた道」と述べ、アイドルとモデルの二刀流で活躍していくことを誓いました。

スポンサーリンク

メンバーからの応援

ラウールの挑戦をメンバーも応援しており、「メンバーも理解があって、やっちゃいなよって。うれしかった」と笑顔で語りました。

スポンサーリンク

ラウールのこれまでの軌跡

ラウールは2015年に小学6年生でジャニーズ事務所に入所し、2020年にSnow ManとしてCDデビュー。2021年には映画「ハニーレモンソーダ」で単独初主演を果たしました。彼の身長は1メートル90、股下1メートルと抜群のスタイルを生かしてモデルとしても活動しています。

2022年6月には東京都内で行われた「ヨウジヤマモト」のショーに出演し、その模様がパリに配信され、ジャニーズ事務所初のパリコレデビューを果たしました。昨年1月には現地に渡り、パリコレクションで同ブランドのランウェーに登場し、堂々のウォーキングを披露しました。

スポンサーリンク

今後の展望

ラウールの今後の展望についても注目が集まります。彼はモデルとしての活動を続ける一方で、Snow Manのメンバーとしても引き続き活躍していくことを誓っています。彼の挑戦は、アイドルとモデルの二刀流という新しい形を模索するものであり、多くのファンからの期待が寄せられています。

スポンサーリンク

まとめ

ラウールのパリのモデル事務所「BANANAS MODELS」への所属は、彼の21歳の誕生日に発表された大きなニュースでした。彼はモデルとしての活動を続ける一方で、Snow Manのメンバーとしても引き続き活躍していくことを誓っています。彼の挑戦は、アイドルとモデルの二刀流という新しい形を模索するものであり、多くのファンからの期待が寄せられています。ラウールの今後の活動に注目し、応援していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました