Mrs. GREEN APPLE、CDTV出演見合わせの理由とは?新曲MVの炎上が影響

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ

日本の音楽シーンで人気を誇るバンド、Mrs. GREEN APPLEが、TBS系「CDTVライブ!ライブ!」への出演を見合わせることが発表されました。この決定の背景には、新曲「コロンブス」のミュージックビデオ(MV)がSNS上で大炎上したことが大きく影響しています。本記事では、この一連の出来事について詳しく解説します。

スポンサーリンク

新曲「コロンブス」のMV公開と炎上

2024年6月12日、Mrs. GREEN APPLEは新曲「コロンブス」のMVをYouTubeで公開しました。この楽曲は「コカ・コーラ」とのコラボレーションキャンペーンソングとしてリリースされ、デジタルシングルとしても配信されました。しかし、MVの内容が公開されると、SNS上で批判の声が相次ぎました。

MVには、西洋の衣装を着たバンドメンバーが、猿のような衣装を着た生き物たちにピアノの弾き方や乗馬を教えるシーンが含まれていました。この表現が「植民地主義を肯定している」「人種差別を助長している」といった批判を招きました。

スポンサーリンク

MV公開停止と謝罪

批判が殺到したことを受け、Mrs. GREEN APPLEの所属レコード会社であるユニバーサルミュージックは、6月13日にMVの公開を停止しました。ボーカルの大森元貴は公式サイトで謝罪文を発表し、「差別的な内容にする意図は全くなかった」と説明しました。

大森は、「歴史や文化的な背景への理解に欠ける表現が含まれていたことを真摯に受け止め、猛省しております」と述べ、今後はより一層の配慮を持って制作に取り組むことを誓いました。

スポンサーリンク

CDTVライブ!ライブ!出演見合わせの発表

この一連の騒動を受けて、TBSは6月14日に「CDTVライブ!ライブ!」の公式X(旧Twitter)アカウントで、Mrs. GREEN APPLEの出演見合わせを発表しました。番組側は「またの機会の出演を楽しみにしていてください」とコメントしています。

スポンサーリンク

ミュージックステーションでの対応

さらに、Mrs. GREEN APPLEは6月14日に放送されたテレビ朝日系「ミュージックステーション」2時間スペシャルにも出演予定でしたが、こちらでも新曲「コロンブス」の歌唱は取りやめとなり、代わりに「青と夏」と「Dear」の2曲を披露しました。

スポンサーリンク

ファンとメディアの反応

この騒動に対して、ファンやメディアからは様々な反応が寄せられました。SNS上では、「なぜこんな内容のMVが公開されたのか」「誰も止められなかったのか」といった疑問の声が多く見られました。また、一部のファンからは「意図が伝わらなかっただけで、差別的な意図はなかったはず」と擁護する声も上がっています。

メディアもこの問題を大きく取り上げ、MVの内容やバンドの対応について詳しく報道しました。特に、歴史的な背景や文化的な感受性に対する理解の重要性が強調されました。

スポンサーリンク

今後の展望

Mrs. GREEN APPLEは、今回の騒動を教訓に、今後の活動においてより一層の配慮を持って制作に取り組むことを誓っています。ファンに対しても、再び信頼を取り戻すための努力を続けることでしょう。

一方で、今回の騒動は、アーティストやクリエイターが表現の自由と社会的責任のバランスをどのように取るべきかについて、改めて考えさせられる機会となりました。歴史や文化に対する理解を深め、あらゆる視点からの配慮を持つことが、今後のエンターテインメント業界においてますます重要となるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

Mrs. GREEN APPLEの「CDTVライブ!ライブ!」出演見合わせの背景には、新曲「コロンブス」のMVがSNS上で大炎上したことが大きく影響しています。MVの内容が「植民地主義を肯定している」「人種差別を助長している」と批判され、公開停止と謝罪に至りました。この一連の騒動を受けて、TBSはMrs. GREEN APPLEの出演を見合わせることを決定しました。

今後、Mrs. GREEN APPLEがどのように信頼を回復し、再びファンの前に立つのか、その動向に注目が集まります。今回の出来事を教訓に、より一層の配慮を持って活動を続けることが期待されます。

タイトルとURLをコピーしました