Mrs. GREEN APPLEが新曲MV公開停止 「歴史理解不足の表現」と謝罪

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ

人気バンドMrs. GREEN APPLEが新曲「コロンブス」のミュージックビデオ(MV)を公開した直後、物議を醸し出し、最終的に公開停止に追い込まれました。このMVが引き起こした騒動と、バンドの対応について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

新曲「コロンブス」のMVが物議を醸した理由

Mrs. GREEN APPLEの新曲「コロンブス」は、コカ・コーラとのタイアップ曲としてリリースされました。しかし、MVの内容が一部の視聴者から「歴史理解不足」として批判を受けました。具体的には、MV内での先住民の描写が問題視されました。

問題のシーン

MVの中で、先住民が猿のように描かれているシーンがありました。この描写が、歴史的な文脈において非常に不適切であると多くの視聴者から指摘されました。特に、植民地時代の歴史を踏まえると、このような表現は差別的であり、無神経であると受け取られました。

スポンサーリンク

批判の声とSNSでの反応

MV公開後、SNS上ではまたたく間に批判の声が広がりました。以下は、SNSでの主な反応です。

  • 「Mrs. GREEN APPLEの新曲MV、先住民を猿扱いするなんて信じられない」
  • 「歴史を理解していない表現は許されない」
  • 「コカ・コーラもこのMVに関与しているのか?」

このようなコメントが多数寄せられ、MVの内容に対する批判が高まりました。

スポンサーリンク

Mrs. GREEN APPLEの対応

批判を受けて、Mrs. GREEN APPLEは公式サイトとSNSを通じて謝罪文を発表しました。以下は、謝罪文の一部です。

「この度は、私たちの新曲『コロンブス』のMVにおいて、不適切な表現が含まれていたことを深くお詫び申し上げます。私たちは歴史的な背景を十分に理解せずに制作を進めてしまいました。今後はこのようなことがないよう、より一層の注意を払ってまいります。」

また、MVは即座に公開停止となり、再編集が行われることが発表されました。

スポンサーリンク

コカ・コーラの反応

タイアップ先であるコカ・コーラも、この騒動に対してコメントを発表しました。

「私たちはMrs. GREEN APPLEの新曲MVに関する問題を重く受け止めております。今後は、パートナーシップにおいても、より慎重な対応を心掛けてまいります。」

コカ・コーラもまた、今回の件を真摯に受け止め、再発防止に努める姿勢を示しました。

スポンサーリンク

今後の展望

今回の騒動を受けて、Mrs. GREEN APPLEは今後の活動において、より一層の注意を払うことが求められます。ファンからの信頼を取り戻すためには、透明性のある対応と、再発防止策の徹底が必要です。

ファンの反応

一方で、ファンからは以下のような声も寄せられています。

  • 「早急な対応と謝罪は評価できる」
  • 「今後の活動に期待しています」
  • 「再編集されたMVを楽しみにしています」

ファンの中には、バンドの迅速な対応を評価する声も多く、再編集されたMVの公開を待ち望む声もあります。

スポンサーリンク

まとめ

Mrs. GREEN APPLEの新曲「コロンブス」のMVが引き起こした騒動は、バンドにとって大きな試練となりました。しかし、迅速な対応と謝罪により、ファンの信頼を取り戻すための第一歩を踏み出しました。今後の活動において、より一層の注意を払い、再発防止に努めることが求められます。

Mrs. GREEN APPLEの新曲「コロンブス」が再び公開される日を楽しみにしつつ、バンドの今後の活動に注目していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました