映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』:見どころとあらすじ完全ガイド【Amazonプライムビデオで配信中】

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

伝説の殺し屋が挑む新たな試練

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は、南勝久の同名コミックを原作としたアクション映画で、2021年6月18日に公開されました。前作『ザ・ファブル』の続編として、再び岡田准一が主演を務め、ハードなアクションシーンと緻密なストーリーテリングで観客を魅了します。

スポンサーリンク

あらすじ

伝説の殺し屋「ファブル」は、裏社会でその名を知らぬ者はいない存在です。しかし、ボスから「一年間、誰も殺すな。普通に暮らせ」と命じられ、偽名「佐藤アキラ」を使い一般人として生活を始めます。彼の相棒であるヨウコと兄妹のフリをして平和な日々を送るアキラですが、街では彼の標的となりながらも逃げ切った宇津帆が、凄腕の殺し屋・鈴木とともに暗躍していました。

アキラは車椅子の少女ヒナコと出会い、二人の運命は過去のある事件でつながっていることが明らかになります。宇津帆の復讐心と鈴木の冷酷な計画が交錯する中、アキラは再び殺し屋としてのスキルを駆使しながらも、誰も殺さずにこの危機を乗り越えようと奮闘します。

スポンサーリンク

見どころ

岡田准一の圧巻のアクションシーン

岡田准一は、前作に引き続き自ら多くのアクションシーンを演じています。彼の身体能力と格闘センスは、観る者を圧倒すること間違いなしです。特に、彼が演じるアクションシーンはリアリティと迫力に満ちており、観客をスクリーンに釘付けにします。

新旧キャストの共演

前作から引き続き出演する木村文乃、佐藤浩市、山本美月、安田顕らに加え、新たに堤真一、平手友梨奈、安藤政信がキャストに加わり、物語に新たな深みを与えています。特に堤真一が演じる宇津帆は、原作以上に人間味溢れるキャラクターとして描かれており、彼の怪演が物語を一層引き立てます。

緻密なストーリーテリング

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は、単なるアクション映画にとどまらず、緻密なストーリーテリングが特徴です。アキラとヒナコの過去の因縁や、宇津帆の復讐心など、キャラクター間の複雑な関係性が巧みに描かれています。これにより、観客はアクションシーンだけでなく、物語の展開にも引き込まれることでしょう。

ユーモアとシリアスの絶妙なバランス

映画全体に散りばめられたユーモアも見どころの一つです。シリアスなシーンとコミカルなシーンが絶妙にバランスを取り、観客を飽きさせません。特に、岡田准一と木村文乃の掛け合いは、笑いを誘う場面が多く、映画の緊張感を和らげる役割を果たしています。

スポンサーリンク

キャラクター紹介

  • ファブル/佐藤アキラ(岡田准一):伝説の殺し屋。ボスの命令で一年間殺しを禁じられ、一般人として生活する。
  • ヨウコ(木村文乃):アキラの相棒で、兄妹のフリをして共に生活する。
  • ヒナコ(平手友梨奈):車椅子の少女。アキラと過去の事件でつながっている。
  • 宇津帆(堤真一):アキラの因縁の相手で、復讐に燃える男。
  • 鈴木(安藤政信):宇津帆と共に暗躍する凄腕の殺し屋。
スポンサーリンク

映画の評価と感想

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は、公開後すぐに多くの観客から高評価を得ました。特に、岡田准一のアクションシーンや、キャストの演技力が絶賛されています。また、原作ファンからも、映画が原作の魅力をしっかりと引き継いでいるとの声が多く寄せられています。

一方で、一部の観客からは、原作と映画のキャラクター造形の違いについての意見も見られました。しかし、全体としては、映画の完成度の高さとエンターテインメント性が評価されています。

スポンサーリンク

まとめ

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は、アクション映画としての完成度の高さと、緻密なストーリーテリングが融合した作品です。岡田准一の圧巻のアクションシーンや、新旧キャストの共演、ユーモアとシリアスの絶妙なバランスが、観客を魅了します。ぜひ、劇場でその迫力を体感してください。

映画の詳細情報や最新の上映スケジュールは、公式サイトや各映画情報サイトで確認できます。観る前に原作コミックを読んでおくと、さらに映画の世界観を楽しむことができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました