天才詐欺師と探偵の攻防!Snow Man岩本照主演「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」2024年再演決定

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

はじめに

ジャニーズ人気グループ「Snow Man」のリーダー、岩本照さんが主演を務めるミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」の再演が、2024年8月・9月に東京と大阪で行われることが決定しました。

本作は1980年に出版された自伝小説「世界をだました男」をベースにしたミュージカルで、2009年にシアトルで初演され、2011年にはブロードウェイにも進出し、トニー賞にもノミネートされるなど高い評価を得ています。

2022年夏の初演公演では、岩本さんの演技とダンス、歌唱力が絶賛され、大盛況となりました。
今回の再演でも、岩本さんの魅力が存分に発揮されることが期待されています。

スポンサーリンク

ストーリー

crime

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」は、天才詐欺師フランク・W・アバグネイル・Jr.とFBI捜査官カール・ハンラティの駆け引きを描いた物語です。

若くして巧みな手口で連邦政府を騙した天才詐欺師フランク・ジュニアと、彼を追う探偵ハンラティの攻防を通して、人間の欲望と倫理観が問われていきます。

スポンサーリンク

主人公フランク・ジュニア

主人公のフランク・ジュニアは、16歳にして偽の身分証明書を作成し、パイロット、法務省検事、そして医師になりすまします。
若さと頭脳明晰さを武器に、次々と新しい職業に就き、金品を騙し取っていきます。
彼の知性と大胆さは観客を魅了しますが、その一方で倫理観の欠如が問題視されます。

フランク・ジュニアは、人生のどこかで歯車が狂ってしまった天才少年の側面を持っています。
金銭的な欲求よりも、社会的地位への強い憧れから、偽りの人生を送るようになったと考えられています。
岩本照さんの若々しい魅力と演技力が、このキャラクターを見事に体現してくれるでしょう。

スポンサーリンク

追跡者ハンラティ

一方のハンラティは、フランク・ジュニアを追う鋭い探偵です。
職務に対する並々ならぬ情熱と、細部にまで行き届いた観察眼が持ち味です。

ハンラティは、単なる犯罪者探しを超えて、フランク・ジュニアという人物に強く惹かれていきます。
互いに相手を尊重し合う関係性が、物語に深みを与えています。

吉田栄作さんが続投するハンラティ役は、アクの強い渋い魅力と芝居の巧みさで評価が高まっています。
前回の公演でも、役柄に惹きつけられる観客が多くいたと言われています。
今回の再演でも、ハンラティの人間性と職業に対する姿勢が、見事に描かれることでしょう。

スポンサーリンク

ヒロインブレンダ

フランク・ジュニアの恋人ブレンダは、前回の公演では出演者が別の役で演じていましたが、今回は元宝塚歌劇団の仙名彩世さんが新たに加わります。
ブレンダは、フランク・ジュニアの二重生活に気づきながらも、彼の魅力に惹かれ続けるヒロイン役です。

仙名さんは宝塚出身ならではの歌唱力と演技力が期待されています。
ブレンダという役柄を通して、フランク・ジュニアの人間性の両面を映し出してくれるでしょう。
さらに、仙名さんの華やかな舞台映えも、ミュージカルの見どころの一つとなるに違いありません。

スポンサーリンク

制作陣

musical

再演公演の制作陣も、実力派が集結しています。
演出を手掛けるのは、2022年公演でも絶賛された上田一豪さんです。
彼の手腕により、ダンスやミュージカルナンバーが見事に作り込まれることが期待されています。

スポンサーリンク

演出

上田一豪さんは、数多くのミュージカルの演出を手掛けてきた実力派です。
彼は2022年公演でも好評を博し、キャストの演技力や作品世界の魅力を最大限に引き出しました。
今回の再演でも、ミュージカル作品の本質を見事に表現してくれることでしょう。

上田さんは、キャストとの緊密なコミュニケーションを大切にしています。
そのため、キャストの個性を作品に活かしつつ、全体の統一感を保つことができるのが特徴です。
岩本照さんや仙名彩世さんの持ち味を存分に発揮させながら、ミュージカル本来の魅力を伝えてくれることが期待されています。

スポンサーリンク

音楽

楽曲も本作の大きな魅力の一つです。シャッフリングで軽快な曲から、哀しみに満ちたバラードまで、豊かな曲調が織り成す世界は、聴く者を物語の中に惹きこみます。
2022年公演の音楽を担当したスコット・フリックも、今回の再演で音楽監督を務めることが決定しています。

フリックは、キャストの歌声を最大限に引き出し、ミュージカルの世界観を立体的に表現することに長けています。
岩本照さんや仙名彩世さんの歌声と、フリックの音楽が合体することで、より深みのある作品世界が創り出されることでしょう。

スポンサーリンク

会場

再演公演は、東京と大阪の2都市で上演されます。

スポンサーリンク

東京公演

東京国際フォーラムホールCでの公演は、8月19日から9月8日までの27回が予定されています。
東京国際フォーラムは、品川駅から徒歩圏内の好立地にあり、交通の便も良好です。
メインホールと呼ばれるホールCは、2,000人を超える大規模な客席を有しています。

ホールCの特徴は、360度どの席からも舞台が見渡せる円形の構造にあります。
舞台演出が立体的に楽しめるため、ミュージカルの世界に深く浸ることができるでしょう。
さらに、最新の照明や音響設備が整っているため、視覚的にも音響的にも満足度の高い上演が期待できます。

スポンサーリンク

大阪公演

大阪公演は、9月13日から17日までの8回、オリックス劇場で行われます。
オリックス劇場は、大阪城の目の前という好立地にあり、観光の拠点としても便利な場所です。
約1,600席を有する同劇場は、明治時代に建設された歴史的な建造物で、落ち着いた雰囲気が漂う空間です。

内部は、モダンなホール形式になっており、どの席からでも舞台が見やすい構造になっています。
さらに、最新の音響設備が導入されているため、ミュージカル本来の華やかな音楽を存分に堪能できるでしょう。
オリックス劇場での上演は、落ち着いた雰囲気の中で本格的なミュージカルを楽しめる絶好の機会となっています。

スポンサーリンク

まとめ

2024年8月・9月に東京と大阪で再演されるミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」は、Snow Manのリーダー岩本照さんをはじめ、豪華キャストと実力派スタッフが集結する作品です。
本作は、天才詐欺師と捜査官の攻防を描いた傑作ミュージカルで、2022年の初演公演でも大絶賛を浴びました。

今回の再演でも、岩本さんの演技力とダンス、歌唱力が存分に発揮されることでしょう。
さらに、元宝塚歌劇団の仙名彩世さんがヒロインに新たに加わり、作品の幅が広がることが期待されています。
演出や音楽など、制作陣の実力も折り紙つきです。

東京と大阪の2都市で上演されるこの機会を、ぜひ活かしてみてはいかがでしょうか。
ミュージカルの魅力に酔いしれる、素晴らしい体験が待っていることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました