木下優樹菜が明かす藤本敏史との離婚理由、”タピオカ騒動”は関係なかった?

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ

2019年12月に発表された藤本敏史と木下優樹菜の離婚は、多くの人々に衝撃を与えました。二人は理想の夫婦として知られていただけに、その離婚理由について多くの憶測が飛び交いました。しかし、木下優樹菜自身が語った真実は、世間の予想とは異なるものでした。

スポンサーリンク

理想の夫婦像の裏側

木下優樹菜は、インタビューで「世間から『フジモン夫婦は理想の夫婦像』と思われていたけど、実際は話し合いができない夫婦だった」と振り返っています。彼女によれば、生活スタイルが真逆であり、解決したい問題があっても話し合いができず、ケンカに発展することが多かったとのことです。その結果、何年も同じ問題を繰り返し、最終的にはお互いに「これ以上は無理だね」と感じるようになったと述べています。

スポンサーリンク

離婚の決定的な要因

木下優樹菜は、離婚の理由について「生活スタイルが真逆だから、解決したいことがあってもできなかった。ケンカに発展して、その空気がイヤだからなんとかその場を収めて、とりあえず離婚を回避して…の繰り返し。それを何年もやっていたら疲れちゃって、お互いに『これ以上は無理だね』『本当のウチらって何?』となってお別れしました」と詳細に語っています。

また、彼女は「本当タピオカとか関係なくて」と述べ、世間で話題となったタピオカ騒動が離婚の直接的な原因ではないことを強調しています。実際、夫婦関係の悪化はタピオカ騒動以前から続いており、根本的な問題は夫婦間のコミュニケーションの欠如と生活スタイルの不一致にあったとされています。

スポンサーリンク

離婚後の関係

離婚後も二人は娘たちのために協力関係を築いており、木下優樹菜は藤本敏史を「だぁー」と呼び、娘の誕生日を共に祝う間柄です。藤本敏史もまた、離婚後の心境について「残りの人生は快適に過ごしたい」と語り、前向きな姿勢を見せています。

スポンサーリンク

現在の生活と心境

木下優樹菜は現在、プロサッカー選手の三幸秀稔と交際していますが、再婚は考えていないと明言しています。彼女は「私たちにちょうどいい言葉を見つけてしまって(笑)。“結婚”という形式にはこだわっていないことをみんなに伝えたかった」と述べ、ステップファミリーとしての新しい形を模索していることを明かしています。

また、彼女は「一時期は本当にどん底だったけど、今は楽しい。これまでは『“ママタレ”として、頑張ってきたけど、今は自分らしく生きていきたい」と語り、現在の充実した生活についても触れています。

スポンサーリンク

結論

藤本敏史と木下優樹菜の離婚は、タピオカ騒動とは無関係であり、夫婦間のコミュニケーションの欠如と生活スタイルの不一致が主な原因でした。離婚後も二人は娘たちのために協力し合い、それぞれの新しい人生を歩んでいます。木下優樹菜は現在のパートナーと共に、形式にとらわれない新しい家族の形を築いており、前向きな姿勢で日々を過ごしています。

タイトルとURLをコピーしました