ほしのあきの旦那は人気騎手!馴れ初めや結婚生活、子どもはいるの?

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

ほしのあきの旦那は競馬騎手の三浦皇成

ほしのあきさんと三浦皇成さんは、2011年9月25日に入籍されました。三浦皇成さんは、日本中央競馬会(JRA)の人気騎手として知られています。彼の来歴とその功績を振り返りましょう。

スポンサーリンク

武豊を超えた⁉ 新人時代の大活躍

三浦皇成さんが騎手免許を取得したのは2008年です。デビューからわずか5か月で重賞レースに初勝利し、18歳でJRAの新人年間最多勝利数である91勝を達成しました。この記録は、それまでの新人最多記録である武豊騎手の69勝を21年ぶりに破ったものです。

スポンサーリンク

選手生命の危機!落馬事故で壮絶リハビリ

2016年、三浦皇成さんはレース中に落馬し、肋骨と骨盤の骨折、肺と副腎の損傷という大怪我を負いました。全治期間不明の状態から、15本のボルトで骨盤を固定する大手術を3回行い、絶対安静が3ヶ月続きました。その後、壮絶なリハビリを経て、事故から11か月で騎手として復帰を果たしました。この復活を支えたのは、妻のほしのあきさんの献身的なサポートでした。

スポンサーリンク

ほしのあきと三浦皇成の馴れ初めは?

ほしのあきさんと三浦皇成さんは、競走馬「ハシッテホシーノ」のデビュー戦がきっかけで知り合いました。ほしのあきさんが名付け親になったこの馬のデビュー戦に三浦皇成さんが騎乗していたのです。この縁で、三浦皇成さんの100勝のお祝いの席にほしのあきさんが出席し、その後交際に発展しました。

スポンサーリンク

ほしのあきと三浦皇成の結婚生活

ほしのあきさんは結婚後、芸能活動を休止し、三浦皇成さんのサポートに専念しています。お二人の間には、2012年に女の子が一人生まれました。現在も家庭生活は順調で、茨城県に豪邸を構え、家族3人で仲良く暮らしています。

スポンサーリンク

浮気発覚と離婚回避の理由

2012年に三浦皇成さんの浮気が発覚しましたが、離婚には至りませんでした。その理由の一つは、ほしのあきさんの献身的なサポートにより、三浦皇成さんが大怪我から復帰できたことです。また、経済的な安定や娘さんとの時間を大切にするためでもあります。

スポンサーリンク

まとめ

ほしのあきさんと三浦皇成さんの関係は、多くの困難を乗り越えてきました。三浦皇成さんの活躍とその陰で支えるほしのあきさんの存在は、お二人の強い絆を象徴しています。これからも二人三脚で進んでいくことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました