小倉優子が挑んだ大学受験:偏差値爆上げの勉強法と合格大学の全貌

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

小倉優子の大学受験挑戦:3人の子育てとタレント活動を両立しながらの快挙

タレントの小倉優子さんが、3人の子育てをしながら大学受験に挑戦し、見事に学習院女子大学と白百合女子大学に合格したことが話題となっています。彼女の挑戦は、MBSテレビの「月曜日の蛙、大海を知る。」という番組の企画として始まりました。約400日間にわたる努力の末、彼女は偏差値を大幅に上げ、大学合格を果たしました。

スポンサーリンク

小倉優子の勉強法:東大生集団「東大カルペ・ディエム」のサポート

小倉さんの受験を支えたのは、現役東大生の集団「東大カルペ・ディエム」でした。彼らは各科目を分担し、小倉さんに対して個別指導を行いました。特に注目すべきは、彼女が中学レベルの問題も解けなかった状態から、偏差値50~60までジャンプアップした点です。

ネガティブ思考を武器に

小倉さんの成功の一因として、彼女の「ネガティブに考える性格」が挙げられます。テストで80点を取っても満足せず、100点でも「運が良かっただけ」と考える彼女の姿勢が、自己改善の原動力となりました。教育方法学の専門家である岡山大学の中山芳一准教授は、このネガティブ思考が「自分をストイックに追い込む力」として機能したと評価しています。

スポンサーリンク

科目別の勉強法と成果

英語

英語の指導は、11月から共通テストまでの短期間で行われました。小倉さんは、長文の英文和訳を通じて精読力を鍛え、基本的な単語力と構文を身につけました。12月には『入門英文解釈の技術70』を用いて、より複雑な英文の解釈を練習しました。最大の壁は時間管理であり、速読と自信を持って解答することが求められました。

古文

古文の助動詞や読解に関しても、小倉さんは多くの時間を割いて勉強しました。助動詞の識別は覚えることが多く、早い段階での習得が必要でした。試験直前期には、共通テストと同じ形式の問題で40点を超えることもありました。

漢文

漢文は12月から共通テストまでの短期間で指導されました。初めは漢字の知識が不足していましたが、『漢文早覚え速答法 共通テスト対応版』を用いて重要漢字を覚えることから始めました。結果、過去問で60~70%程度の得点が取れるようになりました。

日本史

日本史の勉強は8月から本格的に始まりました。『スピードマスター日本史問題集―日本史B』を使用し、毎週50問の書き取りテストを行いました。暗記だけでなく、時代の流れや人物の行動に重点を置いた講義が行われ、共通テスト前には過去問で60~70%の得点が取れるようになりました。

スポンサーリンク

小倉優子の努力と成果

小倉さんは、日々のタレント活動や子育ての合間を縫って勉強に励みました。彼女の努力は、学習院女子大学の補欠合格と白百合女子大学の合格という形で実を結びました。彼女の姿勢は、多くの受験生にとって大きな励みとなるでしょう。

スポンサーリンク

合格した大学と偏差値

小倉優子さんが受験した大学とその偏差値は以下のとおりです:

  • 白百合女子大学 人間総合学部:合格【偏差値55】
  • 学習院女子大学 国際文化交流学部:補欠【偏差値61】
  • 津田塾大学 学芸学部:不合格【偏差値63】
  • 成蹊大学 文学部:不合格【偏差値66】
  • 学習院大学 文学部:不合格【偏差値67】
  • 早稲田大学 教育学部:不合格【偏差値72】
スポンサーリンク

まとめ

小倉優子さんの大学受験挑戦は、彼女の努力と「東大カルペ・ディエム」のサポートによって成功しました。彼女のネガティブ思考を武器にした勉強法や、各科目の具体的な勉強法は、多くの受験生にとって参考になるでしょう。彼女の挑戦は、子育てや仕事をしながらでも目標を達成できることを証明しています。

タイトルとURLをコピーしました