Snow Man ラウール、192cmの魅力を徹底解剖!知られざるプロフィールとは

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ

Snow Manのメンバーとして、そしてモデルとしても活躍するラウール。彼の魅力はその長身だけでなく、多才な才能と個性的なキャラクターにあります。この記事では、彼のプロフィールや知られざるエピソードを詳しく紹介します。

スポンサーリンク

ラウールの基本プロフィール

ラウールは2003年6月27日、東京都で生まれました。父がベネズエラ人、母が日本人のハーフで、本名は村上真都ラウールです。血液型はA型で、身長は驚異の192cm。彼の身長はジャニーズ事務所の中でもトップクラスであり、特にその長身がファッションモデルとしての活動にも大いに役立っています。

スポンサーリンク

Snow Man加入の経緯

ラウールは2015年5月2日にジャニーズ事務所に入所し、2019年1月にSnow Manに加入しました。彼の加入は滝沢秀明の推薦によるもので、当時中学3年生のラウールは「最初は意味がわからなかった」と語っています。加入当初は年上のメンバーとの年齢差や経験の差に悩むことも多かったようですが、持ち前の明るさと努力でその壁を乗り越えてきました。

スポンサーリンク

モデルとしての活躍

ラウールはその長身を活かし、ファッションモデルとしても多くの活動を行っています。2020年と2021年には「マイナビ 東京ガールズコレクション」に出演し、2023年にはパリ・コレクションにも登場しました。彼のスタイリッシュな姿は国内外で高く評価されており、今後のさらなる活躍が期待されています。

スポンサーリンク

ラウールの個性と魅力

ラウールの魅力はその外見だけではありません。彼は非常に多才で、ダンスや演技にも優れています。映画『ハニーレモンソーダ』では単独初主演を果たし、その演技力も高く評価されました。また、バラエティ番組でもその明るいキャラクターで視聴者を楽しませています。

家族との関係

ラウールには5歳上の兄がいます。彼の名前に「都」の文字が使われているのは、東京で生まれたことに由来しています。家族からは「マイ」と呼ばれており、ベネズエラには行ったことがないため、スペイン語は話せません。

苦悩と葛藤

Snow Man加入後、ラウールは新加入メンバーとしてのプレッシャーや孤独感に悩むこともありました。特に2019年の『滝沢歌舞伎ZERO』の稽古期間中は、過酷な練習や留年の確定などで精神的に不安定になることもありました。しかし、メンバーからの支えや励ましによってこれを乗り越え、現在の成功へと繋がっています。

スポンサーリンク

ラウールの未来

ラウールはまだ若く、その将来には無限の可能性があります。彼の多才な才能と努力は、今後も多くのファンを魅了し続けることでしょう。彼の成長とともに、Snow Manもさらに大きなグループへと進化していくことが期待されます。

スポンサーリンク

まとめ

ラウールの魅力はその長身だけでなく、多才な才能と個性的なキャラクターにあります。彼のプロフィールや知られざるエピソードを知ることで、彼の魅力をより深く理解することができるでしょう。今後の彼の活躍に注目し、応援していきましょう。

ラウールの最新情報や活動については、引き続き注目していきます。彼の成長とともに、Snow Manもますます輝きを増していくことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました