ルパン三世の歴代声優一覧と最新情報:増山江威子さんの追悼

スポンサーリンク
アニメ・ゲーム
スポンサーリンク

ルパン三世の歴史と声優の変遷

モンキー・パンチ原作の『ルパン三世』は、1967年に漫画として登場しました。その後、1971年からテレビアニメ化され、現在までに多くのシリーズや映画が制作されています。この記事では、ルパン三世の歴代声優について最新情報を交えながら詳しく紹介します。

スポンサーリンク

ルパン三世の歴代声優一覧

ルパン三世

  • 初代:山田康雄(1971~1994)
    山田康雄は、1971年から1994年までルパン三世の声を担当しました。彼の独特な言い回しやアドリブは、ルパンのキャラクターを形成する上で重要な要素となりました。
  • 2代目:栗田貫一(1994~)
    栗田貫一は、山田康雄の後を継ぎ、1994年からルパン三世の声を担当しています。彼は元々ルパンのモノマネで有名で、その完成度の高さから正式に声優として起用されました。

次元大介

  • 初代:小林清志(1971~2021)
    小林清志は、1971年から2021年まで次元大介の声を担当しました。彼の渋い声は次元のキャラクターにぴったりでした。
  • 2代目:大塚明夫(2021~)
    大塚明夫は、2021年から次元大介の声を担当しています。彼の力強い演技は次元の新たな魅力を引き出しています。

石川五ェ門

  • 初代:大塚周夫(1971~1972)
    大塚周夫は、1971年から1972年まで石川五ェ門の声を担当しました。
  • 2代目:井上真樹夫(1977~2010)
    井上真樹夫は、1977年から2010年まで石川五ェ門の声を担当し、最も長い期間この役を務めました。
  • 3代目:浪川大輔(2011~)
    浪川大輔は、2011年から石川五ェ門の声を担当しています。彼はアニメ『君に届け』の風早翔太役でも知られています。

峰不二子

  • 初代:二階堂有希子(1971~1972)
    二階堂有希子は、1971年から1972年まで峰不二子の声を担当しました。
  • 2代目:増山江威子(1977~2010)
    増山江威子は、1977年から2010年まで峰不二子の声を担当し、そのセクシーボイスで多くのファンを魅了しました。
  • 3代目:沢城みゆき(2011~)
    沢城みゆきは、2011年から峰不二子の声を担当しています。彼女の大人の女性らしい声は、不二子のキャラクターに新たな魅力を加えています。

銭形幸一

  • 初代:納谷悟朗(1971~2010)
    納谷悟朗は、1971年から2010年まで銭形警部の声を担当しました。
  • 2代目:山寺宏一(2011~)
    山寺宏一は、2011年から銭形警部の声を担当しています。彼は「七色の声を持つ男」としても知られ、映画の吹き替えや俳優としても活躍しています。
スポンサーリンク

最新情報:増山江威子さんの逝去

2024年5月20日、峰不二子の声を長く担当した増山江威子さんが肺炎で亡くなりました。彼女の死去は多くのファンにとって大きな悲しみとなりました。栗田貫一は、X(旧ツイッター)で「まさに紅一点 私にとっていつもエレガントで憧れの不二子ちゃんでした」と追悼の意を表しました。

スポンサーリンク

ルパン三世の特別な作品

ルパン三世 風魔一族の陰謀

1987年に公開された『ルパン三世 風魔一族の陰謀』は、主要キャストが一新された作品です。この作品では、ルパン三世を古川登志夫、次元大介を銀河万丈、峰不二子を小山茉美が演じました。しかし、このキャスト変更は評判が芳しくなく、原作者のモンキー・パンチと山田康雄との間に大きな溝を生む結果となりました。

スポンサーリンク

まとめ

『ルパン三世』は、長い歴史を持つアニメシリーズであり、その人気は今もなお続いています。歴代の声優たちがそれぞれのキャラクターに命を吹き込み、作品の魅力を高めてきました。最新の情報として、増山江威子さんの逝去が報じられましたが、彼女の功績は永遠に語り継がれることでしょう。これからも『ルパン三世』の新たな展開に期待が寄せられます。

タイトルとURLをコピーしました