高橋一生の結婚とプロフィール:飯豊まりえとの17歳差婚の真相

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

高橋一生のプロフィール

高橋一生(たかはし いっせい)は、1980年12月9日生まれ、東京都港区赤坂出身の俳優です。身長は175cm、血液型はO型です。彼は1990年に映画「ほしをつぐもの」でデビューし、1995年にはスタジオジブリのアニメ映画「耳をすませば」で天沢聖司の声を担当しました。その後、映画やドラマ、舞台で幅広く活躍し、特に2015年のドラマ「民王」での演技が評価され、第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞しました。

高橋一生の代表作には、映画「シン・ゴジラ」「嘘を愛する女」「ロマンスドール」、ドラマ「おんな城主 直虎」「カルテット」「凪のお暇」などがあります。また、彼はスケートボードやギター、ブルースハープなど多彩な特技を持ち、趣味はバイクやバスケットボールです。

スポンサーリンク

飯豊まりえとの結婚

2024年5月16日、高橋一生(43歳)と女優の飯豊まりえ(26歳)が結婚を発表しました。二人は2020年に放送されたNHKドラマ「岸辺露伴は動かない」で共演し、その後交際に発展しました。このドラマは、荒木飛呂彦の人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のスピンオフ作品であり、高橋は主人公の漫画家・岸辺露伴役、飯豊は露伴の担当編集者・泉京香役を演じました。

高橋は結婚の決め手について、「彼女は自分の発する言葉で自身を穢すことなく、明るく生きることを諦めません。品性を持って歩みを進める彼女の純粋な陽の力に、幾度となく救われて参りました」と語っています。一方、飯豊は「物事や人に応じる時に努めて偏りなく考えて、知恵を使ってお茶目に人生を楽しむ彼の人柄に惹かれました。彼の笑顔や情の深さに、いつも心を救われています」と述べています。

スポンサーリンク

17歳差婚の背景

高橋一生と飯豊まりえの結婚は、17歳の年齢差が話題となりました。芸能界では年の差婚が珍しくないものの、一般社会では減少傾向にあります。厚生労働省の調査によると、初婚夫婦のうち、夫が7歳以上年上の夫婦は全体の10%に過ぎません。しかし、芸能界では女性が若くしてキャリアを積み、内面が成熟していることが多いため、年の差を感じにくいことが背景にあると考えられます。

スポンサーリンク

高橋一生の家庭環境

高橋一生は複雑な家庭環境で育ちました。彼の母親は衝動的な性格で、父親が異なる弟たちの面倒を見てきました。高橋の弟である安部勇磨は、人気バンド「never young beach」のボーカルを務めています。高橋は幼少期に実父を亡くし、その後母親が再婚を繰り返したため、異父兄弟が多くいます。このような背景から、高橋が自身の家庭を持つことに対して特別な思いを抱いていたことが伺えます。

スポンサーリンク

結婚発表の反響

高橋一生と飯豊まりえの結婚発表は、多くのファンや関係者から祝福の声が寄せられました。特に高橋のファンは、彼の複雑な家庭環境を知っているため、彼が幸せな家庭を築くことに対して喜びの声を上げています。また、二人の結婚は「ジョジョ婚」としても話題となり、ドラマ「岸辺露伴は動かない」のファンからも祝福されています。

スポンサーリンク

今後の展望

高橋一生と飯豊まりえは、結婚後もそれぞれのキャリアを続ける意向を示しています。高橋は「これまでと変わらず、お芝居やひとつひとつの仕事に向き合って参りたいと思いますが、加えて俳優である以前に、人として生きていく事も益々充実させて参りたいと思っております」と述べています。飯豊も同様に、仕事と家庭の両立を目指していることを明かしています。

高橋一生と飯豊まりえの結婚は、芸能界における年の差婚の一例として注目されるとともに、二人の今後の活躍にも期待が寄せられています。

タイトルとURLをコピーしました