過激なラブストーリー「さっちゃん、僕は。」がNetflixで待望の先行配信!木村慧人の演技に注目

スポンサーリンク
love エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

はじめに

近年のドラマ界隈で、過激な内容を含む作品が注目を集めています。その一つが、朝賀庵の人気マンガ「さっちゃん、僕は。」の実写化作品です。今回、この新作ドラマが6月4日からNetflixで先行配信されることが発表されました。本作は、大学進学のために上京した主人公が、地元の恋人と隣人の人妻との間で揺れ動く、背徳的な三角関係を描いたラブストーリーです。ここでは、このドラマの見どころや配信情報などについて詳しく解説していきます。


スポンサーリンク

作品の概要

「さっちゃん、僕は。」は、FANTASTICSの木村慧人が主演を務める新ドラマです。原作は、2019年から2020年にかけて「少年ジャンプ+」で連載されていた朝賀庵の同名マンガです。ストーリーは、地方から上京した主人公・片桐京介が、遠距離恋愛中の彼女と隣人の人妻との間で三角関係に陥るという、過激な展開が描かれます。

スポンサーリンク

キャスト・スタッフ

主演の木村慧人は、「すごく挑戦的な役柄」と語っており、愛が何なのかわからない京介を自身なりに演じ切ることに意欲を燃やしています。その他のキャストやスタッフについての詳細は発表されていませんが、原作の過激な内容を上手く映像化できるかが注目されています。

また、プロデューサーは「各キャラクターの予想できない行動に驚かされる内容が新しく、面白い」と評しており、原作の魅力を損なうことなく、新たな要素も加わった作品になることが期待されます。

スポンサーリンク

ストーリー

ストーリーの軸となるのは、主人公の片桐京介が体験する”背徳的三角関係”です。地元の彼女とは遠距離恋愛中なのに、上京先のアパートで隣人の人妻と肉体関係を持ってしまうという、過激な展開が描かれます。

京介は、愛が何なのかわからないキャラクターとされています。親の愛を十分に受けずに育ったことで、愛の概念が希薄になっているのかもしれません。このような京介が、地元の恋人か都会の人妻のどちらを選ぶのか、その行く末が注目されます。

スポンサーリンク

配信情報

「さっちゃん、僕は。」は、6月4日からNetflixで先行配信されることが決定しています。その後、6月11日からはTBSの深夜ドラマ枠「ドラマストリーム」でも放送が始まります。Netflixでの先行配信により、日本国内だけでなく、海外でも同時期に視聴できるようになります。

スポンサーリンク

Netflix配信

Netflixでの先行配信は、6月4日からスタートします。全世界で一斉配信されるため、日本国内だけでなく、世界中の視聴者が同時期に本作を楽しめます。

Netflixでは、全話一挙配信される予定です。ドラマの放送終了を待たずに、最後まで一気に視聴できるのが魅力的です。また、Netflix独自のオリジナルコンテンツも用意されているかもしれません。

スポンサーリンク

地上波放送

地上波放送は、6月11日からTBSの「ドラマストリーム」枠で始まります。毎週月曜深夜に1話ずつ放送される予定です。地上波放送後は、TVerやTBS FREEでも一定期間の見逃し配信が行われます。

地上波放送では、CMの挿入などがあるため、Netflix版とはまた違った視聴体験ができるでしょう。また、放送に合わせて様々な番組情報や出演者情報なども公開される可能性があります。

スポンサーリンク

期待の声

「さっちゃん、僕は。」のNetflix先行配信発表を受け、ネット上では期待の声が上がっています。過激な内容ながらも、キャラクター性の高さや展開の面白さから、原作マンガは高い人気を博していました。そのため、実写化作品にも大いに期待が寄せられています。

スポンサーリンク

原作ファンの反応

原作マンガのファンからは、「実写化がどうなるか気になる」「キャストの演技力次第では傑作になる可能性もある」などの声が上がっています。朝賀庵の独特な世界観を、どこまで忠実に映像化できるかが注目されています。

一方で、「あまりにも過激過ぎて放送できるのか心配」という懸念の声もあります。過激な描写をどこまで映像化するのか、表現の仕方次第で大きく印象が変わってくると予想されます。

スポンサーリンク

木村慧人への期待

主演の木村慧人に対する期待の声も多数あがっています。これまでのFANTASTICSとしての活動とはまた違った、演技力の高さが問われる作品となります。

木村自身も、「すごく挑戦的な役柄」と述べており、難しい演技に取り組む姿勢が窺えます。愛が分からない京介役をどのように演じ切るのか、その演技力に注目が集まっています。

スポンサーリンク

まとめ

木村慧人主演の新ドラマ「さっちゃん、僕は。」が、6月4日からNetflixで先行配信されることになりました。過激な内容で話題を呼んだ原作マンガを実写化した本作には、ファンからの期待と不安の声が入り混じっています。主人公の京介が体験する”背徳的三角関係”の行く末に、多くの視聴者が注目しているようです。

Netflix先行配信によって、日本国内だけでなく世界中の視聴者が同時期に作品を楽しめるようになります。その後、6月11日からはTBSの地上波放送も控えており、より多くの人々に視聴の機会が提供されることになります。原作の世界観をどこまで忠実に映像化できるのか、主演の木村慧人がどのような演技を見せるのかなど、様々な観点から注目が集まる作品となっています。過激な内容ながらも、キャラクター性の高さや新たな解釈によって生まれる面白さに期待がかかる作品と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました