水卜麻美が史上最年少で出世!人気アナウンサーたちの役職とそのすごさに迫る

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

はじめに

アナウンサーは今も昔も花形の職業であり、多くの人々が憧れを抱いています。しかし、テレビ局に所属するアナウンサーは、実はサラリーマンでもあり、優れた能力と長い所属歴を持つ人物は役職に就き、出世街道を歩むこともあります。今回は、特に注目される「実は偉い」アナウンサーたちとその役職について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

水卜麻美アナ(日本テレビ)「チーフスペシャリスト」

日本テレビのエースアナウンサーである水卜麻美さんは、朝の情報番組『ZIP』をはじめ、『24時間テレビ』や『ヒルナンデス!』『スッキリ』など、数多くの看板番組に出演しています。今年6月1日付けで「チーフスペシャリスト」に昇進し、話題となりました。

日本テレビによると、チーフスペシャリスト職は4段階に分かれており、水卜アナは上から3番目の位置にあります。今後は通常業務に加え、後進の指導にも当たる予定です。日本テレビの石澤顕社長は定例会見で、水卜アナのチーフスペシャリスト就任について「史上最年少」と明かし、「活躍にふさわしい役職」と話しました。ネット上でも「すごい」「さすが」といった驚きの声が上がっています。

スポンサーリンク

安住紳一郎アナ(TBS)「役員待遇エキスパート職」

TBSを代表するアナウンサーである安住紳一郎さんは、朝の情報番組『THE TIME,』のメインMCや『情報7daysニュースキャスター』、TBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』に出演中です。オリコンが実施する「好きなアナウンサーランキング」で5回連続1位になるなど、男性アナウンサーとしては屈指の人気を誇ります。

安住アナは2019年に係長から一気に局次長待遇に昇進し、翌年には局長待遇、そして2023年には「総合編成本部 アナウンスセンター役員待遇エキスパート職」に就任しました。驚異的なスピードで出世をする安住アナには「社長になりそう」「天下取ると思う」などの声が上がっています。

スポンサーリンク

江藤愛アナ(TBS)「エキスパート特任職トップスペシャリスト」

2009年に入社した江藤愛アナは、現在タレントで女優の田中みな実と同期で、『はなまるマーケット』や『CDTV ライブ!ライブ!』などTBSの人気番組に次々と出演しています。2022年9月からは『ひるおび!』に出演し、同年『THE TIME,』の金曜MCを担当。TBS女子アナのエースとして活躍を続けています。

江藤アナは2021年に「エキスパート特任職トップスペシャリスト」に昇進しました。TBSには同アナよりも歳上の人気アナウンサーが所属していますが、先輩をごぼう抜きにする形での昇進となりました。異例のスピードで昇進した江藤アナには、ほぼ毎日テレビに出演しているだけに、スピード昇進にも納得の声が多いです。

スポンサーリンク

軽部真一アナ(フジテレビ)「役員待遇エグゼクティブアナウンサー」

1985年にフジテレビへ入社し、『おはよう!ナイスディ』の総合司会や『FNNスーパータイム』など数多くの人気番組に出演してきた軽部真一アナ。1994年からは『めざましテレビ』のエンタメコーナーを担当し、蝶ネクタイがトレードマークで、軽妙な語り口が人気です。

軽部アナは2020年に定年を迎え、「役員待遇エグゼクティブアナウンサー」に就任しました。肩書きは変わったものの、軽妙な語り口とユニークなキャラクターは健在で、現在も『めざましテレビ』を中心に活躍しています。

スポンサーリンク

佐々木恭子アナ(フジテレビ)「アナウンス室部長」

東京大学出身の佐々木恭子アナは、1996年に入社し、翌年から『報道2001』の司会者に就任しました。その後も『情報プレゼンターとくダネ!』や『FNNスーパーニュースWEEKEND』、そして『ワイドナショー』にも出演し、知名度を獲得しました。

2021年、佐々木アナはアナウンス室部長に昇進し、フジテレビに所属するアナウンサーを管理する立場となりました。アナウンス室部長に就任直後の2021年に放送された『ワイドナショー』で、「責任重大で最近眠れていない」と話していました。

スポンサーリンク

伊藤利尋アナ(フジテレビ)「シニア局次長」

1995年にフジテレビへ入社し、「アミーゴ」の愛称で親しまれている伊藤利尋アナ。『とんねるずのみなさんのおかげでした』『VS嵐』『クイズヘキサゴンIII』などのバラエティや『バイキング』『情報プレゼンターとくダネ!』『みんなのニュース』などの報道など、幅広い分野の番組に出演しています。

伊藤アナは2017年にアナウンス室のシニア部長待遇に昇進し、その後、アナウンス室情報担当部長、情報担当局次長待遇と昇進を続け、2023年6月にシニア局次長待遇となりました。

スポンサーリンク

まとめ

アナウンサーは、テレビの前で視聴者に情報を伝えるだけでなく、テレビ局内での役職や出世も重要な要素です。水卜麻美アナの「チーフスペシャリスト」昇進や、安住紳一郎アナの「役員待遇エキスパート職」など、各局の人気アナウンサーたちの役職とそのすごさを紹介しました。彼らの出世の軌跡は、アナウンサーという職業の魅力とともに、その裏にある努力と才能を物語っています。これからも彼らの活躍に注目しつつ、アナウンサーという職業の魅力を再確認していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました