back numberのメンバーのプロフィールと経歴を徹底解説

スポンサーリンク
エンタメ・スポーツ
スポンサーリンク

はじめに

日本の音楽シーンで絶大な人気を誇るスリーピースバンド、back number。彼らの楽曲は、切ない恋愛ソングから力強いロックナンバーまで幅広く、多くのファンに愛されています。この記事では、back numberのメンバーそれぞれのプロフィールと経歴を詳しく紹介します。

スポンサーリンク

メンバー紹介

清水 依与吏(しみず いより)

  • 役割: ボーカル・ギター
  • 生年月日: 1984年7月9日
  • 出身地: 群馬県太田市
  • 身長: 169.8cm
  • 血液型: AB型
  • 経歴: 清水依与吏は、back numberの中心人物であり、全ての楽曲の作詞作曲を担当しています。彼の歌詞は、失恋や片思いなどの切ない感情をリアルに描き、多くのリスナーの共感を呼んでいます。バンド結成前は左官屋として働いていましたが、音楽への情熱を捨てきれず、2004年にback numberを結成しました。

小島 和也(こじま かずや)

  • 役割: ベース・コーラス
  • 生年月日: 1984年5月16日
  • 出身地: 群馬県
  • 愛称: かずや、かずくん、かず兄やん
  • 経歴: 小島和也は、2007年にback numberに加入しました。彼のベースプレイはバンドの音楽に深みを与え、コーラスとしても重要な役割を果たしています。加入前は地元で音楽活動を行っており、その経験が現在のバンド活動に活かされています。

栗原 寿(くりはら ひさし)

  • 役割: ドラム
  • 生年月日: 1985年7月24日
  • 出身地: 群馬県
  • 愛称: ひさくん、ひさっしー、ひさきゅん
  • 経歴: 栗原寿も2007年にback numberに加入しました。彼の力強いドラムプレイはバンドのリズムを支え、ライブパフォーマンスでもその存在感を発揮しています。加入前は他のバンドで活動しており、その経験が現在の演奏に反映されています。
スポンサーリンク

バンドの結成と経歴

back numberは2004年に清水依与吏を中心に結成されました。バンド名の由来は、清水が交際中の女性に振られた際に「型遅れ(back number)」と感じたことから名付けられました。2007年に小島和也と栗原寿が加入し、現在の3人体制となりました。

バンドは地元群馬県での自主企画ライブやイベント出演を通じて着実にファンを増やし、2009年には初のミニアルバム『逃した魚』をリリース。これが全国的に話題となり、2011年にはシングル『はなびら』でメジャーデビューを果たしました。

スポンサーリンク

人気曲とその魅力

back numberの楽曲は、切ない恋愛ソングが多く、特に失恋や片思いをテーマにした曲が多くのファンに支持されています。以下は、特に人気の高い楽曲です。

高嶺の花子さん

疾走感のあるロックサウンドと切ない片思いの歌詞が特徴。多くのファンに愛される一曲です。

ハッピーエンド

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌としても知られ、切ない恋の終わりを描いた美しい楽曲です。

クリスマスソング

冬の定番ソングとして多くの人に親しまれており、ドラマの主題歌にも起用されました。

スポンサーリンク

メンバーの個性とファンへの影響

back numberのメンバーそれぞれが持つ個性は、バンドの音楽に大きな影響を与えています。清水依与吏の感情豊かな歌詞とメロディ、小島和也の深みのあるベースライン、栗原寿の力強いドラムプレイが一体となり、独自の音楽スタイルを築き上げています。

また、メンバーの人柄やエピソードもファンにとって大きな魅力です。例えば、清水依与吏の失恋から生まれたバンド名や、メンバー同士の仲の良さなどがファンの共感を呼び、彼らの音楽をより身近に感じさせています。

スポンサーリンク

まとめ

back numberは、その切ない歌詞と美しいメロディで多くのファンに愛され続けています。メンバーそれぞれの個性と経歴がバンドの音楽に深みを与え、彼らの楽曲は多くの人々の心に響いています。今後も彼らの活動から目が離せません。

back numberのメンバーのプロフィールと経歴を知ることで、彼らの音楽をより深く楽しむことができるでしょう。ぜひ、彼らの楽曲を聴いて、その魅力を再確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました